40歳をすぎたらプレ更年期に注意しよう①:プレ更年期の症状 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

40歳をすぎたらプレ更年期に注意しよう①:プレ更年期の症状

カテゴリー:

プレ更年期

 

多くの女性が40歳前後で体調の変調を感じます。これは女性ホルモンの減少のために起こります。このような症状を、50歳前後で起こる更年期に対して、プレ更年期と呼びます。今回は、プレ更年期症状についてお話します。

40歳をすぎたらプレ更年期かもしれません①:プレ更年期の症状

女性は、20代後半をピークとして、徐々に女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減少してきます。そして40歳に入ると、閉経に向かってますます減少していきます。40歳前後に更年期の予兆のような症状が見られるのはそのためです。この症状をプレ更年期と呼びます。

プレ更年期とは

プレ更年期は、あらわれる人とあらわれない人がいて、その症状も人それぞれです。酷い症状に悩まされる人もいれば、全く症状がなくて、プレ更年期に気がつかない人もいるほどです。プレ更年期という言葉をよく耳にするようになったのは最近ですが、多くの女性が40歳前後の体の変調を感じていたのではないでしょうか。

プレ更年期に多いのが、月経前症候群(PMS)の症状が酷くなるケースです。PMSは、むくみやだるさ、肌荒れ、イライラのような症状が月経前になるとあらわれます。これまでは、生理直前にあらわれていたのに、プレ更年期に入ってから、10日前や2週間前など、かなり前から症状が出ることがあります。

月経周期が乱れて急に短くなったり、月経の出血量が少なくなるのは、他の病気でも起こります。PMSとは限りませんので、注意しておきましょう。

更年期に起こりやすい不調や病気

更年期に起こりやすい不調や病気としては、次のようなものがあります。

子宮や乳房のトラブル

女性ホルモンの乱れにより女性ホルモンに関係する器官に影響があらわれます。特に増えるのが子宮体がんや乳がんです。これらの婦人病は女性ホルモンの影響を強く受けます。このようながんの発症率も40代前後で急激に増えてきます。そのため、40代を過ぎたら乳がん検診や子宮がん検査などを2年に1度は受けることが推奨されています。

自律神経の乱れ

40代に入ると女性ホルモンの減少で、自律神経が乱れやすくなります。女性ホルモンには、自律神経を保つ働きがあるので、女性ホルモンが減少して自律神経が乱れると、更年期のほてりやのぼせの軽い少々があらわれます。更年期ほどはっきりした症状ではありませんが、少し体が熱っぽいと感じる日が増えたり、手足は冷たいのに急に汗を多量にかくこともあります。

精神系の乱れ

急に不眠気味になったという方もいるのではないでしょうか。これは神経系の乱れにより起こります。眠りが浅い、寝つきが悪い、夜中に何度も目が覚める、一度起きると寝つけないなど、これらすべてが睡眠障害です。睡眠障害は、自律神経の乱れにより起こります。加齢とともに眠りの不調が増えるので、プレ更年期の症状とは気がつかないかもしれませんが、これもプレ更年期の症状の一つです。そして不定愁訴を感じる人も増えます。イライラ、不安などを感じたり、頭痛や体の疲れも感じやすくなります。

皮膚や髪の衰え

肌のハリがなくなった、髪のツヤやコシがなくなったと感じる方も多いです。抜け毛や薄毛も増えてきます。これらは全て女性ホルモンの影響で起こります。肌を美しく保ったり、髪を良い状態でキープするのには全て女性ホルモンがかかわっています。

まとめ

40歳前後にこのような症状がみられたらプレ更年期かもしれません。女性ホルモンを補うサプリメントなどで早めに対処していくようにしましょう。

差プチメント


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。