便秘について②:便秘の原因と便秘になりやすい人 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

便秘について②:便秘の原因と便秘になりやすい人

カテゴリー:

多くの方が悩む便秘ですが、便秘になるのにはいくつかの原因があります。そして、便秘になりやすい人もいます。今回は、便秘になる原因便秘になりやすい人についてお話します。

便秘について②:便秘の原因やなりやすい人

便秘は大腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)の衰えや、腸内の水分の不足により起こります。このような症状が起こるのには、次のような理由があります。

生活習慣

一般的な便秘は、食事やサプリメントなどで食物繊維が十分に摂られずに、大腸の水分が不足することで起こります。近年では、食事の欧米化が進み、肉食中心の食事をする人が増えました。消化に時間がかかる動物性たんぱく質の多いレッドミードが増え、体に良い良質のオイルが含まれる魚の摂取量が減ったことがその理由の一つです。肉食は大腸での消化に時間がかかり、消化しにくいので老廃物が大腸に留まりやすくなります。大腸に老廃物が詰まって便秘になります。

ファーストフードなどの油っぽい食事も便秘の原因となります。このような脂肪分が多い食品が増えて、野菜などビタミンやミネラルの多い食品の摂取が減少したのも便秘の原因です。紅茶や緑茶などに含まれるタンニンも摂りすぎると便秘になりやすくなります。

野菜

運動不足も腹部の筋肉が衰えるので原因となります。

ストレス

精神的な影響でホルモンバランスが崩れると、蠕動運動が妨げられます。精神的なストレスが多い状態が続くと、自律神経が乱れ、新陳代謝なども悪くなり、体に老廃物が溜まりやすくなります。このような精神状態の影響を受けやすいのが大腸です。緊張状態が続くと、便秘と下痢を繰り返します。

薬の影響

咳止めや鎮痛剤、血圧降下薬、心臓病の薬、利尿剤、緩下薬、抗うつ剤、抗ヒスタミン剤などは副作用として便秘を伴うものがあります。血圧降下剤など、毎日継続的に飲んでいる方は便秘を併発しやすいです。いくつかの薬を併用している人も薬の影響が出やすいです。

病気の影響

腸疾患や腎不全などでも便秘は起こります。糖尿病や神経障害と併発することが多く、うつ病などの神経系の疾患でも自律神経が乱れて、腸の動きが鈍くなり便秘になることもあります。肛門に外痔核(いぼ痔)に血栓ができていたり、肛門周囲膿瘍などで直腸や肛門部の感染症で膿が溜まると、痙攣や痛みで筋肉が収縮して排せつが困難になることもあります。

便秘になりやすい人

便秘になりやすいのは、S字結腸が通常より長い人や、腸の形状が他の人と違って便の通りが悪いなどの体の特徴がある人です。

男性より、女性に多く。女性は男性より腸が下垂していることが多いので、腸管が歪みやすくなります。腸が変形すると腸の働きが鈍くなり、便秘も起こりやすくなります。女性は、男性より筋力も弱いので、便を排せつする力も弱いです。女性ホルモンのプロゲステロンは、腸の機能性を低下させる働きがあります。そして、女性はダイエットをしている方も多く、偏った食事も便秘の原因となります。

まとめ

便秘を回避するには食生活の見直し、食物繊維の摂取、水分の補給などが大切です。食生活は、高脂肪食品はさけ、カフェインを含む飲み物やアルコールは水分を減らす働きがあるので、これらも控えめにしましょう。毎日多めの水分をとることも大切です。そして、食物繊維や乳酸菌などが含まれたサプリメントで腸内環境を整えましょう。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。