あなたは白米派?玄米派?②:玄米の注目成分 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

あなたは白米派?玄米派?②:玄米の注目成分

カテゴリー:

玄米

玄米が健康に良いことはよく知られたことです。白米に比べて栄養価が高いので、最近では玄米を好んで食べている人もいます。しかし、硬さや味があまり好きではないので苦手という人も多く、玄米本来の価値にまだあまり気づかれていません。そこで今回は、玄米注目成分をご紹介します。

あなたは白米派?玄米派?②:玄米の注目成分

玄米は、多くの栄養成分を含有していて、白米に比べてほとんどの主要成分は、2~5倍も含まれています。次のような成分が特に注目されています。

玄米に含まれる注目成分

イノシトール

イノシトールは脂肪肝や動脈硬化に有効で、髪の健康にもよいといわれる成分です。ビタミンB類の一つで、抗脂肪肝ビタミンともいわれています。神経細胞にたくさん含まれている成分で、脳細胞に栄養を補給する働きもあります。髪の健康にも有効で、抜け毛を防ぐ効果もあるといわれています。

ギャバ

ギャバ、ガンマ‐アミノ酸は、神経伝達物質のアミノ酸です。脳やせき髄に働きかけ、興奮を抑え、鎮静効果があります。脳細胞の代謝機能を高め、脳の働きをよくするので、脳機能疾患の予防などにもよいとされています。そのため、精神・神経系のさまざまな症状への効果が期待される成分です。睡眠障害、自律神経失調症、うつ病、アルツハイマー病などの予防効果があるとされています。また、血圧下降効果もあり、中性脂肪を下げるのにも有効だといわれます。体臭予防効果もあるそうです。

フェルラ酸

フェルラ酸は、ポリフェノールの一つで強い抗酸化作用がある成分です。認知症の予防によいとされています。脳機能を改善し、脳神経保護作用があります。高血圧改善にも効果があります。そして、美容面では肌の美白効果もあるといわれます。お肌の酸化を防ぐので、シワ予防にもよく、アンチエイジング成分としても知られています。シミのもととなるメラニンの生成を抑え、肌の色素沈着を防ぐので、透明感のある肌に整えます。美肌効果の高い成分です。

ガンマ‐オリザノール

ガンマ‐オリザノールは、米糠や胚芽の皮質にたくさん含まれている成分です。コレステロールの吸収を抑え、生活習慣病を予防する効果もあります。自律神経のバランスを整え、不安や緊張を抑え、更年期の不定愁訴やうつを改善する働きも期待できます。血管を広げ、血流を良くするので高脂血症などにもよいとされています。美肌効果もあり、お肌の保湿にも良い効果があるのでシミ対策などにもよいとされています。

RBF、RBA(αグルカン)

この2つは米糠に含まれる成分です。RBFはがん細胞へのエネルギー供給を防ぐ働きがあるといわれる成分です。そしてRBAは免疫強化の作用がある成分です。この2つの成分は、玄米を高温焙煎しないと抽出できない成分です。

フェチ酸(IP6)

有害物質を体外に排出する働きがあります。抗老化作用に効果があるとされています。金属と結びつく力が強く、水銀や鉛などと結びついて体内の有害な金属を排出する働きがあります。

まとめ

このように玄米には、主要な成分栄養素以外にも、多くの注目成分が含有されています。多くの方は、玄米は硬い、味がイマイチと少し敬遠していますが、これだけ栄養価が高いなら、多少我慢しても食べる価値があるのではないでしょうか。玄米ほど、一度にいろいろな成分を摂れる食品は少ないので、たまには玄米食の日を作ってみましょう。そして、足りない栄養素はサプリメントなどで補っておきましょう。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。