不眠症について②:不眠症のタイプ、原因、対策方法、不眠症によい栄養素やサプリメント | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

不眠症について②:不眠症のタイプ、原因、対策方法、不眠症によい栄養素やサプリメント

カテゴリー:

サプリメント

ストレスの多い現代社会。忙しい毎日を送る人にとって、不眠症は日常的に起こりうる症状です。その症状や理由は人それぞれですが、放置するとさまざまな弊害を引き起こします。そのため、早めの対策が大切です。今回は、不眠症タイプ原因対策方法としてサプメントによる栄養素の補給をご紹介します。

不眠症について②:不眠症のタイプ、原因、対策方法、不眠症によい栄養素やサプリメント

不眠症のタイプ(症状)

不眠症は、睡眠障害に含まれるものですが、主に次の4つのタイプに分けられます。

入眠障害

布団に入ってからなかなか寝つけず、眠りにはいるまでに30分以上かかる。不眠症のなかでは最も多いといわれています。

中途覚醒

夜中に何度も目が覚めて、再び眠りに入るまでに時間がかかる。主に高齢者に多い症状で、眠りが浅い人によく起こります。

早朝覚醒

朝早く目が覚めて、再び眠りにつくことができない。高齢者の方は、早起きになるといわれますが、その症状がこれに当てはまります。うつ病の方にもよくみられる症状です。

熟眠障害

睡眠時間はある程度取っているのに、疲れが取れない。このタイプの人は、眠りが浅く、脳が休息状態になっていないので、目覚めも悪く、日中も眠気に襲われます。睡眠時無呼吸症候群や周期性四肢運動障害などと関連しています。

不眠症になる原因

不眠症になるのには、日常生活のなかに理由があることがほとんどです。例えば、不規則な生活習慣を送っていると、ベッドに入る時間も日によってまちまちになります。このような不規則な睡眠行動が不眠症の原因となります。決まった時間に床に就き、決まった時間に起床するということがとても大切になります。

睡眠環境に原因があることもあります。寝室の湿度や寝具が合っていないことや、周囲の明るさや音、臭いなど、これらが良くないと睡眠にも影響をおよぼします。

最も大きな原因となるのが、心理的なストレスです。仕事や生活上の悩み、友人や家族とのトラブルなどが心の負担になり、睡眠の妨げになることがあります。

そして食生活に原因があることもあります。コーヒーなどのカフェインや辛い食べ物、刺激物は睡眠に影響します。特に過度なアルコールは睡眠を阻害する最も大きな要因となります。

アルコール

不眠症を改善するには

不眠症を改善するには、日常生活の見直しが大切です。お酒やたばこを控え、お茶やコーヒーも夕方以降は控えた方がほうがよいでしょう。アルコールは少量ならむしろ良い効果がありますので、コップ1杯程度にしておきましょう。

タバコに含まれるニコチンは神経を興奮させる働きがあるので、できるだけ量を控え、不眠症の兆候がある方はできれば禁煙するのが得策です。

不眠症に良い栄養素やサプリメントもあります。一つ目はカルシウムです。カルシウムには鎮静効果があるので、体の興奮を鎮め、休息状態を作ります。二つ目はカルシウムです。カルシウムは、筋肉を弛緩させ、体をリラックスさせる効果があります。三つ目はトリプトファンです。トリプトファンは、神経を落ち着かせ、睡眠を促す神経伝達物質であるセロトニンやメラトニンを生成します。それ以外にもビタミンB群やビタミンC、ビタミンP、亜鉛なども睡眠に良い効果があるといわれます。

まとめ

不眠症を予防するには、日常生活の改善とサプリメントによる栄養補給が効果的です。

 


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。