野菜の健康効果④:ブロッコリー、ケール | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

野菜の健康効果④:ブロッコリー、ケール

カテゴリー:

ブロッコリー

皆さんは、毎日どれくらいの野菜を摂っているでしょうか。たくさん摂っているという方でも、大切なのは種類です。どのような野菜を摂るのかによって、摂取できる栄養素は違ってきます。そのため、それぞれの野菜にどのような栄養素が含まれ、健康効果があるのかということを知ったうえで、計画的に摂っていくことが大切です。今回は、ブロッコリーケールをご紹介します。

野菜の健康効果④:ブロッコリー、ケール

ブロッコリー

ブロッコリーはアブラナの野菜で、ビタミンK、ビタミンC、葉酸、マンガン、カリウムなどの栄養素が豊富に含まれています。

ブロッコリーには、グルコシノレートの副生成物であるスルフォラファンも含有されています。スルフォラファンは、ブロッコリーやキャベツなどに含まれるファイトケミカルです。

ファイトケミカルは、植物に含まれる化学成分で、第7の栄養素ともいわれ、最近注目を集めています。ファイトケミカルは、植物が紫外線から身を守るために生成する成分で、植物の色素、苦味、渋みなどの素となります。スルフォラファンは、解毒作用や、抗酸化作用があり、肝臓病の予防や胃腸障害、花粉症などにもよいとされています。

ブロッコリーは、多くの慢性疾患の予防にも役立つということがわかっています。Akhlaghi et al.  (2010) の動物研究によると、ブロッコリーの芽の摂取が、酸化ストレスのレベルを有意に低下させることがわかりました。酸化ストレスは、体のなかに発生すると多くの疾患を引き起こします。心臓病や脳血管障害などにも繋がります。

ケール

ケールは、抗酸化成分を含む健康促進効果の高い野菜です。ビタミンB、カリウム、カルシウム、銅などが豊富に含まれ、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンKは、1カップで1日の摂取目安量を全て満たすことができます。最近は青汁の主成分としても人気の野菜です。

Kim et al. (2008) の研究によると、コレステロールの高い男性32人に毎日150mlのケールジュースを12週間飲んでもらったところ、HDLコレステロールは27%増加し、LDLコレステロールは10%減少しました。

Han et al. (2015) の研究では、被験者に継続的にケールジュースを飲んでもらったところ、血圧、血中コレステロール、血糖値の全てが減少しました。

ケールはビタミンA、ビタミンC、ビタミンKのほか、抗酸化物質が豊富なので、血圧、コレステロール、血糖値などの全ての調整に有効で、慢性疾患予防にもよいと考えられます。

ケール

まとめ

ブロッコリーは、ファイトケミカルのスルフォラファンが含まれています。そのため、さまざまな効果が期待される最近注目の野菜です。ケールは青汁でおなじみの成分です。食品としてとるのが難しければ、青汁で摂るのも一つの方法です。

このように豊富な栄養素が含まれた野菜を毎日の食事のなかで積極的に摂り、足りない栄養素はサプリメントなどで補っていくようにしましょう。

引用文献

Akhlaghi, M., & Bandy, B. (2010). Dietary broccoli sprouts protect against myocardial oxidative damage and cell death during ischemia-reperfusion. Plant foods for human nutrition, 65(3), 193-199.

Kim, S. Y., Sun, Y. O. O. N., Kwon, S. M., Park, K. S., & Lee-Kim, Y. C. (2008). Kale Juice Improves Coronary Artery Disease Risk Factors in Hypercholesterolemic Men11This research was supported by the Brain Korea 21 Project from the Korea Research Foundation. Biomedical and Environmental Sciences, 21(2), 91-97.

Han, J. H., Lee, H. J., Kim, T. S., & Kang, M. H. (2015). The effect of glutathione S-transferase M1 and T1 polymorphisms on blood pressure, blood glucose, and lipid profiles following the supplementation of kale (Brassica oleracea acephala) juice in South Korean subclinical hypertensive patients. Nutrition research and practice, 9(1), 49-56.

 


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。