野菜の健康効果⑤:アスパラガス、赤キャベツ | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

野菜の健康効果⑤:アスパラガス、赤キャベツ

カテゴリー:

アスパラガス

最近は、野菜健康効果が脚光を浴びています野菜を食べることで健康増進に繋がることはよくいわれることです。量をたくさん食べることも大切なのですが、どのような野菜を摂るのかも大変重要です。それぞれの野菜にどのような栄養価が含まれ、健康効果があるのかを知ったうえで、選択的に摂っていくことが必要です。今回は、アスパラガス赤キャベツ健康効果についてお話します。

野菜の健康効果⑤:アスパラガス、赤キャベツ

アスパラガス

アスパラガスは、人気のある春野菜です。ビタミンとミネラルが豊富に含まれていて、低カロリーなのでダイエットにも最適な野菜です。アスパラガス1カップ(90g)で、1日の葉酸の摂取目標量の3分の1が摂取できるのが利点です。

アスパラガスには、セレン、ビタミンK、チアミン、リボフラビンなども含有されています。セレンは、ビタミンEの100倍も抗酸化作用のある栄養素で、更年期障害や一般的な病気予防などにも有効な成分です。セレンには体内の有害物質を解毒する働きもあるので、デトックスや老廃物の除去などにも適しています。チアミンは、体のエネルギーの代謝酵素として、なくてはならない成分です。不足すると、慢性疲労、多発性神経炎、浮腫などの末梢神経系の疾患や、心不全などの心臓病を引き起こすこともあります。

アスパラガスは、妊娠中に摂ると胎児に良い影響もあるといわれ、Shookhoff et al. (2010) の研究では、妊娠中にアスパラガスを摂ることで胎児の神経管の欠陥異常を防げたという結果も示されています。

Kim et al. (2009) の試験実験で、アスパラガスに肝臓の働きを高める効果があることもわかっています。

赤キャベツ

赤キャベツは、抗酸化物質や健康促進のある多くの成分が含まれた野菜です。赤キャベツ1カップ(89g)で食物繊維2g、ビタミンCは1日の目標摂取量の8割以上を摂ることができます。

赤キャベツには、最近注目されているファイトケミカルであるアントシアニンが含有されています。アントシアニンは、植物の化合物で、さまざまな効果があることから第7の栄養素として摂取が推奨されている成分です。

Sankhari et al. (2012) の動物実験では、コレステロールを機械的に上昇させ、動脈にプラーク形成させたラットを2グループにわけ、1群には赤キャベツエキスを与え、もう一方には赤キャベツエキスを与えませんでした。この2つのグループのラットの血中コレステロール値を調べたところ、赤キャベツエキスを与えた群のラットは、赤キャベツを与えなかったラット群と比べて、コレステロール値が有意に低くなり、赤キャベツエキスにコレステロール値に良い効果があることがわかりました。赤キャベツは、心臓や肝臓の損傷を防ぐ効果も期待できます。

Al-Dosari (2014)の研究でも、高コレステロール食を与え、コレステロール値を上昇させたラットに赤キャベツエキスを与えたところ、炎症が軽減し、肝障害が低くなるという結果が得られています。赤キャベツ

まとめ

アスパラガスは葉酸が豊富なので、新生児の神経管の先天異常を予防するのにも役立つので、女性にはおすすめの野菜です。 最近は、妊婦の方の摂取も推奨されています。

赤キャベツには繊維、ビタミンC、アントシアニンが豊富に含まれています。いくつかの研究で、血中コレステロール値を低下させ、炎症抑制や心臓疾患の予防、肝臓機能の向上などによいことがわかっています。

どちらも健康効果が高い野菜ですので積極的に摂り、足りない栄養素はサプリメントで補っていきましょう。

引用文献

Shookhoff, J. M., & Gallicano, G. I. (2010). A new perspective on neural tube defects: folic acid and microRNA misexpression. genesis, 48(5), 282-294.

Kim, B. Y., Cui, Z. G., Lee, S. R., Kim, S. J., Kang, H. K., Lee, Y. K., & Park, D. B. (2009). Effects of Asparagus officinalis extracts on liver cell toxicity and ethanol metabolism. Journal of food science, 74(7).

Sankhari, J. M., Thounaojam, M. C., Jadeja, R. N., Devkar, R. V., & Ramachandran, A. V. (2012). Anthocyanin‐rich red cabbage (Brassica oleracea L.) extract attenuates cardiac and hepatic oxidative stress in rats fed an atherogenic diet. Journal of the Science of Food and Agriculture, 92(8), 1688-1693.

Al-Dosari, M. S. (2014). Red cabbage (Brassica oleracea L.) mediates redox-sensitive amelioration of dyslipidemia and hepatic injury induced by exogenous cholesterol administration. The American journal of Chinese medicine, 42(01), 189-206.


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。