すっぽん料理の味について | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

すっぽん料理の味について

カテゴリー:

すっぽんは滋養のつく健康食として知られており、すっぽん鍋や雑炊といった様々な料理として出されています。今回はすっぽんの歴史や、滋養強壮効果についてお話しいたします。

世界で食されていたすっぽん

日本ですっぽんが食べられるようになったのは江戸時代の鍋文化からだとされていますが、貝塚からすっぽんの骨が見つかっていることから縄文時代にも食べられていたと考えられています。また平安時代の書記である『続日本紀(しょくにほんぎ)』にもすっぽんが口にされていた記述もあり、かなり昔から食べられたようです。

中国でもすっぽんが食べられており、その歴史は日本よりずっと古く、2000年前には一般的に食べられていたと考えられています。もっとも、そのときは食品としてよりも医薬品として使われていたようであり、滋養強壮や疲労回復といった様々な効果が期待されていました。現存する中国最古の薬学書である『神農本草経(しんのうほんぞうきょう)』にもその記述がなされており、現代でも漢方として多くの方に利用されています。

すっぽんの生態

すっぽんとは淡水にすむカメの仲間であり、約30センチほどの体長で沼や湖にある底の泥の部分に生息しています。

特徴としては甲羅が硬くなく、ぷるぷるとした弾力があります。ここに特有成分であるコラーゲンを多く含んでおり、多くの健康愛好家の方に好まれています。

すっぽんを美味しく頂くには

すっぽんの旬は秋から冬にかける時期とされており、味や栄養価がもっとも高くなります。だいたい10月ごろからエサを食いだめして、それから半年ほど冬眠しますのでその直前に捕獲すると、脂ののった美味しいタイミングとなります。

日本ではすっぽんは鍋で食べられるのがポピュラーです。出汁が美味しく出て、弾力のある食感の身が歯ごたえ良く味わえます。高松のすっぽん店でも一番多く出ている食べ方です。

また刺身でも食べることができます。これは生食文化のある日本ならではの食べ方です。精力のつきそうな深い味わいがあり、独特の風味があります。

有名なのは、生き血でしょう。テレビで見られることが多いので、すっぽんといえば生き血をイメージする方も多いのはないでしょうか。非常にエネルギッシュであり、おちょこ程度の量で充分効き目が実感できます。滋養強壮効果のあるすっぽんだけあって、著しい体温の上昇や拍動の増加といった様々な作用が見られます。お店で出されている生き血はワインや水などで割っていますので、さほど血生臭くなくいただけます。

すっぽんの滋養強壮効果

中国では古くから滋養強壮に効く漢方として使われてきた歴史があります。すっぽんにはビタミンやミネラル、必須アミノ酸といった多種類の栄養素が豊富に含まれています。栄養素は基本的に同じ属性の他の栄養素と作用しあって効果を発揮しますが、すっぽんはそれぞれの種類の栄養素をたくさん含んでいますので、それがすっぽんの健康効果たらしめていると言われています。

漢方では磨り潰した身の部分が使われますが、即効性では生の状態で食べるのが効率的です。特に生き血は飲むだけで数秒後には効果を実感できるほど強力です。

またビタミンB群が豊富に含まれているのも滋養強壮を生み出す理由だと言われています。

ビタミンB群はエネルギー産生に関わる栄養群であり、すっぽんに含まれる多種類のビタミンB群が相互に作用しあって体を動かすエネルギーを生み出します。そこに全種類の必須アミノ酸などの栄養素がかみ合って、滋養強壮や疲労回復効果を発揮するのです。

豊富な栄養素を持つすっぽんは紀元前の時代から食べられており、実績のある信頼性の高いものとなっています。健康に良いすっぽんを食べて、身体を元気に保ちましょう。

関連記事はこちら


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。