健康に役立つすっぽんの効果と効能 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

健康に役立つすっぽんの効果と効能

カテゴリー:

滋養豊富なすっぽんは、ちょうど今の時期が旬で脂がのっています。栄養価も高く、より健康に使える効果効能を期待できるというわけです。そんなすっぽんの効果にはどんなものがあるのか見ていきましょう。

滋養豊かなすっぽん

すっぽんはエネルギーのつく健康食品として人気を博しています。少ない量でも身体中に元気がみなぎってきますので、ハツラツとしたい方におすすめです。

もとはカメに似た生物であり、柔らかくぷるぷるとした甲羅を持っています。そこから顔を出す擬音が「しゅっぽん」という感じであったことから、すっぽんと名付けられたと言われています。

コラーゲンを含む美容に役立つ健康食品であることから、女性からの評判が高いです。食品から摂取できるコラーゲンではもっとも良質とされていることもあり、生のすっぽんやサプリメントから摂っている方が非常に多いです。

ちょうど今の時期が旬です

すっぽんは他の爬虫類と同じく、冬の間は冬眠します。10月から4月ごろまでかけて、半年近く水中で過ごします。冬眠するときにはすっぽんはエサをたらふく食べて栄養を蓄えていますので、今の時期がもっとも美味しくなります。味だけでなく栄養価も高くなりますので、健康にもうってつけです。

身体に優しいすっぽん

すっぽんは自然療法で知られている漢方でも使われています。漢方は天然素材を使っているため、身体への順応性が高くじっくり使うことが出来ます。滋養強壮や免疫の安定といった身体の機能そのものを強化する効果があり、医薬品と違って馴染みやすいです。

すっぽんの栄養素

リノール酸

本来植物性の成分ですが、どういうわけかすっぽんには含まれています。高血圧や動脈硬化を防ぎ、血液環境を改善する効果に優れています。

ビタミンB群

主にエネルギーを生成する栄養素であり、すっぽんには多くのビタミンB群が含まれています。これらの成分が豊富であることから、すっぽんは元気の出る食べ物だとされています。

生活習慣病を防ぐすっぽん

すっぽんは生活習慣病の予防に役立ちます。すっぽんに含まれるリノール酸という成分は、血液をサラサラにして動脈硬化や高血圧を防いでくれるのです。

【健康豆知識】現代で増えつつある生活習慣病

ひと昔前に比べると、最近は生活習慣病が話題になることも少なりましたが、その発症リスクは今もかなり高いです。

基本的に生活習慣病は普段の不健康な習慣によって引き起こされます。乱れた食習慣や運動不足、あるいは夜更かしが原因です。肉類中心の食事や身体を動かない生活、遅くまでテレビを見ていることがよくあります。

これらを改善するだけでもかなり変わってくるはずですので、心当たりのある方は一度見直してみましょう。毎日をプラスに過ごすかマイナスに過ごすかでだいぶ健康状態が変わってきます。

元気を与える効果も

すっぽんは少し食べるだけで、身体中に滋養が行き渡ります。豊富なビタミンB群が作用しますので、身体が火照るほど効果が強く、疲れた体をシャキっとさせてくれます。手っ取り早く効果を味わい方は生き血を飲むのもいいですが、あまりにも強力ですので少しずつ飲んで身体に馴染ませていきましょう。

骨や歯を強くする

実はすっぽんは牛乳に多いカルシウムも豊富に含んでいます。あまり知られてませんが、骨や歯を強化して骨粗しょう症に役立つのです。

すっぽんはコラーゲンによる美容効果から女性に人気を集めていますが、他にも生活習慣病の予防や滋養の強壮といった効果から男性にも役立ちます。血流をスムーズにするとともに栄養を全身に流し込んで、全身を元気にしてくれるのです。これからの寒い時期が辛くなった時は、すっぽんの元気成分を飲んであったまるのもいかがでしょうか?

関連記事はこちら

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

※当サイト内の全てのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するように努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性・安全性・最新性等を保証するものではありません。また、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承くださいませ。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

ページトップへ戻る