老化を決めるテロメア、ビタミンAの効果と生活習慣 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

老化を決めるテロメア、ビタミンAの効果と生活習慣

カテゴリー:

体内には寿命や健康に大きな関わりをもつとされる、テロメアと呼ばれる染色体の末端にあるDNAがあります。このテロメアは加齢と共に短くなっていくのですが、この長をを保つことにより寿命が延び、健康効果を得られる事が研究で明らかになっています。2009年に行われたマルチビタミンの使用とテロメアの長さに関する研究で、抗酸化物質の働きがテロメアを長く保つ効果と関係していることが明らかになりました。研究者によると、テロメアは酸化ストレスに対し特に敏感である性質を持ちます。加えて、体内で生じる炎症は酸化ストレスを増加させ、テロメアの機能を抑制します。このようにテロメアの長さを保つ効果をもつ栄養素があるのですが、今回はそのうちのビタミンA効果そして、テロメアの長さを保つ為に有効な生活習慣についてご紹介します。

ビタミンA

Journal of Nutritional Biochemistryによるテロメアに関する実験によると、マルチビタミンを摂取していない女性の場合、テロメアの長さはビタミンAの摂取に関わりがあるそうです。ビタミンAの摂取が免疫効果に働き、もしビタミンA不足である場合炎症が起こりやすくなり、そしてこの炎症によりテロメアが短くなることが促進されます。しかし、ビタミンAは摂取の量により効果が比例するわけではないので、適切な量が体内にある場合は大量のビタミンAは必要ではありません。

テロメアを長くする為の2つの生活習慣

食生活による栄養素の摂取の80%は、健康的な生活や適度な運動によって差が出るとされています。またある研究では、運動をすることで、テロメアの長さを保つことが可能であると指摘するものもあります。また、たまに行う断食もテロメアに効果があるとされている生活週間の一つです。

運動

閉経後に慢性的なストレスを抱えている女性を被験者とした最近の研究で、このようなストレスを感じている人の場合、活発な身体運動によってテロメアの長さに変化が生じた、とされています。実際に、今まで運動をしていなかった女性は”知覚されたストレス尺度(Perceived Stress Scale)”において度数が上がるごとに、15倍もの可能性で体内のテロメアが短いことがわかっています。一方で、日頃から運動をしている女性に関しては、テロメアの長さと知覚されるストレスに相互関係がないということです。短時間で集中的に行う運動が特に、テロメアの長さを保つ為に効果的であるそうです。

一時的に行う断食

過去の研究で、摂取カロリーを減らすことで寿命が伸びることが明らかにされています。しかし、健康を損なわずにどのような食品をカットして総カロリーを減らせばいいのか、みなさんはご存知でしょうか。正解は、炭水化物です。シンシア・ケニオン教授が行なった研究いわく、若さや寿命に関係する細胞は、炭水化物を減らすことにより活発化するということです。そして、大切なポイントはこの断食を一時的に行い、日頃の生活から砂糖や穀物をカットすることです。

まとめ

アンチエイジングのキーポイントとして、DNA染色体の先端にあるテロメアと呼ばれる物質について注目し、免疫機能を守り・抗炎症効果を持つビタミンAについてご紹介しました。また、これらの栄養素をより効果的に活用する為には、日頃の生活習慣も大切なポイントです。まず、どのような病気でもそうですが、適度な運動をすることでテロメアの長さにも影響が生じるそうです。そして、酵素や消化器官などの働きを休める為にも、一時的な断食、分解に際して体の負担となる砂糖や穀物の摂取を控えると良いそうです。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。