老化を決めるテロメア、ビタミンDの効果 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

老化を決めるテロメア、ビタミンDの効果

カテゴリー:

2000人以上の女性を対象に、テロメアビタミンDに対するの効果について調査した研究で、ビタミンDが体内に多い女性は、加齢に関するDNA上の変化が体内に少ないことが発見されました。また同時に、同様に炎症反応も低いということです。ビタミンDの多い女性は、テロメアの長さも長い傾向があり、ビタミンDが少ない女性は、テロメアの長さも短かいということです。このことによって、ビタミンDの多い女性は、少ない女性に比べ、ゆっくり老化していることがわかります。

ビタミンDがテロメアにもたらす効果

テロメアの長さを保つメカニズム

白血球DNAがもつテロメアの長さは、加齢に関する病気の予測因子です。加齢とともに、白血球DNAがもつテロメアの長さは短くなり、その上に体内で慢性的な炎症が生じている場合、白血球の代謝が早まるためにこのテロメアが短くなる速度も増します。また加齢と共に減少するのはテロメアの長さだけでなく、体内のビタミンDも減少します。その一方で、体内に炎症反応が生じている際に現れ、炎症を中和させる働きを持つC反応性蛋白が増加します。この二重苦により、多発性硬化症や関節リウマチなどの免疫障害を発症させるリスクを増加させます。

白血球の代謝を減らすビタミンD

ここで覚えておきたいのが、ビタミンDの体内の炎症反応を抑制する強力な作用です。ビタミンDは、炎症を減少させることにより、白血球の代謝を減らします。この一貫の効果により、健康的な連鎖反応を効果的に作り出し様々な病気から体を守ります。それだけでなく、加齢による劣化から体を守るそうです。研究者によると、白血球の集合体は活発なビタミンD(D3)への受容体をもっており、これにより細胞に直接ビタミンが働くことが可能となるそうです。この特性によって、ビタミンDと免疫障害の特定の関わりについて説明できます。

太陽を浴びてビタミンDチャージ

ビタミンDの効果を最大限に吸収する一番の方法は、安全に太陽を浴びることです。現代では日々の生活の規制により、全ての人に太陽を浴びる十分な時間がないかもしれませんが、太陽によりビタミンDを摂取することは、サプリメントを服用するよりもはるかに良いとされています。安全に日光浴をすることは健康を手に入れるためにも重要なポイントと言われています。しかし、間違った方法で日光に晒される場合、健康障害を発症する危険性もありますので注意が必要です。まず、日焼けはどのような状態でも避けるべきです。

まとめ

DNAの染色体の先端にテロメアと呼ばれるDNAがあり、テロメアは加齢と共に短くなっていくとされています。テロメアが短くなることで病気へのリスクが高まり、また短くなったのちに細胞は再生を止め人体は死に至ります。ゆえに、研究者たちはこのテロメアをどう保存していくか研究しました。

そこで発見されたのがマルチビタミンによる効果です。そして、様々な栄養素がこのテロメアを保つ効果があるとされています。

今回はビタミンDについてご紹介しました。ビタミンDを効果的に吸収するには、正しい日光浴が大切ということです。次回は、正しい日光浴の方法についてご紹介します。

 

この文章は抄訳です。訳:松本マリ

Six “Grow Younger” Nutrients I Take Every Day


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。