スーパーフード! タイガーナッツの栄養成分と効果 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

スーパーフード! タイガーナッツの栄養成分と効果

タイガーナッツ

 

皆さんはタイガーナッツをご存知でしょうか?  タイガーナッツは今流行の「スーパーフード」で、TVや雑誌などでも取り上げられ、健康効果が大いに期待できる食べ物なんです。まだまだ日本では馴染みがないかもしれませんが、今後お手軽に手に入れられる食材になる可能性もあるかもしれません。今回は、そんなタイガーナッツの栄養成分と健康効果をご紹介します。

 

タイガーナッツとは

 

タイガーナッツという名称から、「ナッツの仲間なのかな? 」なんて思いがちですよね。でも実際は、ナッツの仲間ではなく野菜類であり、小さい塊茎をしているところから、いも類に近い野菜といえます。古代エジプト時代から既に親しまれていた食材で、健康食品として注目されていたようです。

 

食感も、ナッツといわれるくらいなのでポリポリしているのかな? と思いがちですが、しっとりと噛みごたえがあり、若干甘みがあります。また香ばしくナッツに似た味もするようです。

 

タイガーナッツ

 

タイガーナッツの栄養成分

 

一般的な食品に比べて栄養価が高く、一部の栄養成分や健康成分の含有量が非常に高い食品と定義されるスーパーフードは、天然のサプリメントといっても過言ではありません。

 

スーパーフードであるタイガーナッツにはどのような栄養素が豊富に含まれているのでしょうか?

 

◎豊富に含まれる食物繊維

 

食物繊維の含有量は100g中約14g~33g(製品によって違います)で、なんとゴボウの約3~6倍に値します。特に不溶性の食物繊維が多く、腸の蠕動運動を活発にし、腸内に溜まった不要な物質を体外へ排出してくれます。綺麗になった腸内は善玉菌が増え、さまざまな生活習慣病予防が期待できます。

 

また、免疫力の向上により感染症にかかりにくくなり、疲労予防にもつながります。そして毒素の少ない体は細胞が活性化されるので、美肌にも効果が期待できます。

 

◎豊富なビタミン類

 

まず、抗酸化作用がある「ビタミンE」を豊富に含んでいます。抗酸化作用とは細胞のサビつきを抑える働きであり、細胞の老化を防ぐ役割があります。また悪玉コレステロールの酸化を防ぐ働きもあり、動脈硬化や脂質異常症(高コレステロール血症)などの予防にもなります。

 

また、血行促進作用もあることから、冷え性やむくみ予防にもなり、代謝が上がることでダイエット効果も期待できるんです。さらに、体に取り込んだ三大栄養素を無駄なく代謝する「ビタミンB群」や、ビタミンE同様抗酸化作用がある「ビタミンC」も含んでいます。

 

◎カリウムが多い

 

「カリウム」は食塩であるナトリウムと体内で交換されます。余分なナトリウムを排泄してくれるので、むくみの改善につながります。また、血圧降下作用もあるので、高血圧予防にも効果があります。

 

◎マグネシウムも多い

 

「マグネシウム」はカルシウムと同じく、骨の形成に欠かせないミネラルです。また、さまざまな細胞内に含まれ、体にとってなくてはならない成分です。カリウム同様高血圧予防にもなります。

 

◎脂質がオレイン酸である

 

タイガーナッツといわれるくらいですから、他のナッツ類同様、野菜類であるにも関わらず脂質含有量が多いです。といっても炭水化物の含有量も多く、カロリーは100gあたり約500kcalで他のナッツよりは低く、罪悪感なく食べることができます。

 

それだけではなく注目したいのが、含まれている脂質が「オレイン酸」中心であるということです。オレイン酸は、健康的なオイルとして人気が高いオリーブオイルに多い脂肪酸で、悪玉コレステロールの値を下げるのを助けてくれます。このオレイン酸にも、動脈硬化や脂質異常症の予防効果があります。

 

食物繊維やビタミンEが多く、悪玉コレステロールの値を下げるオレイン酸やその他のミネラル類を含むタイガーナッツは、さまざまな病気を招く生活習慣病予防に高い効果が期待できるということです。また、便秘改善や美肌、ダイエット効果なども期待できそうです。

 

タイガーナッツ

 

タイガーナッツのオススメの食べ方

 

健康やダイエットの為におやつにナッツを食べているという人もいると思います。ナッツ類は100gあたり約600kcal~と高カロリー。タイガーナッツは100gあたり約500kcalほど。それでも高カロリーなことに変わりはないですが、健康効果を期待したいなら1日に10粒程度食べるのがオススメです。

 

小腹が空いた時やおやつに食べれば、満足感がありその後の暴食も抑えられます。更に特化した栄養成分により、1日10粒程度でさまざまな健康効果も期待できます。

 

甘みがあり、ドライフルーツのような食感であることから、ナッツ同様そのまま食べたり、グラノーラなどのシリアルに入れたりするのが美味しいです。お菓子をつまむように手軽に食べられるのは魅力ですね。

 

タイガーナッツミルクやオイルも人気?

 

スペインでは、「オルチャータ」という、タイガーナッツで作ったミルクが人気のようです。本場では水に浸してからミキサーで撹拌して甘みを入れて作りますが、簡単に作るには粉末状のものを購入する方法があります。また、タイガーナッツミルクとしても販売もされています。

 

また、「タイガーナッツオイル」も各メーカーから販売されています。タイガーナッツの脂質は主にオレイン酸で構成され、ビタミンEも多く含んでいるので、オイルとしてはとても優等生です。普段使用する油をタイガーナッツオイルに替えるだけで、健康効果やダイエット効果が期待できますね。

 

注意していただきたいのは、オレイン酸はとても酸化しやすい油脂であるということです。そのため、加熱をせずに生のまま使用するのがオススメで、保存も、しっかり密封し冷暗所に保管するようにしましょう。加熱する場合は、加熱のし過ぎに注意してくださいね。

 

タイガーナッツ

 

 まとめ

 

スーパーフードとして注目のタイガーナッツ。ナッツ類は健康効果が高いということは知られてきていますが、新しくタイガーナッツも今後どんどん注目されていきそうです。他のナッツ類よりカロリーが低く、食物繊維などの栄養素の含有量が特化していることから生活習慣病やダイエットにとても効果が期待できる食品です。

 

そのままを購入してもいいですが、粉末状のものやミルク、またオイルなども製品化されています。ご自分の生活スタイルに合ったものを取り入れて、手軽にタイガーナッツを楽しんでみましょう。

 

【記事監修】管理栄養士:藤井 ゆき菜

 

 

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

※当サイト内の全てのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するように努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性・安全性・最新性等を保証するものではありません。また、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承くださいませ。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

ページトップへ戻る