トレーニングと蜂蜜(はちみつ):後編 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

トレーニングと蜂蜜(はちみつ):後編

カテゴリー:

蜂蜜

前回の記事では蜂蜜(はちみつ)に含まれる成分がトレーニング中に必要なエネルギーや水分補給に役立つことをお話ししました。引き続き、身体づくりに有益な蜂蜜に含まれる特有の成分とその働きについてご紹介します。

身体づくりと蜂蜜(はちみつ)

 

前回ご紹介した糖質の補給源としての蜂蜜ですが、蜂蜜の糖質が身体づくりにとって有益な理由をもう少し詳しく見ていきましょう。

 

エネルギー源としての蜂蜜

 

蜂蜜に含まれる糖質の種類はブドウ糖(グルコース)、果糖(フルクトース)、麦芽糖(マルトース)など複数の種類があります。マルトースやその他の単糖類は消化の過程でグルコースかフルクトースまで分解されて、初めて腸から吸収されます。このため口から入れて体内に入るまでに少し時間がかかります。糖質のうち、グルコースとフルクトースはそれ単体でエネルギー源となる『単糖類』で、口に入れて腸まで移動した後、素早く吸収されます。つまり、腸は自然糖のうち、基本的にグルコースかフルクトースの形でしか体内に糖を吸収することができないということです。

エネルギーを素早く、かつ長時間に渡ってコンスタントに補給することができるのが、複数の糖を含む蜂蜜なのです。身体には時間差で糖が吸収される為、血糖値の急上昇を抑えると共にトレーニング中の集中力やエネルギーレベルを高く維持することが可能になります。

このことはスポーツのパフォーマンスアップのみならず、糖尿病やその他糖化反応による循環器系疾患の予防にも大きく貢献します。日常で使用する甘味を砂糖から蜂蜜に変えることは長い人生にとって大きなメリットになるかもしれません。

 

 

マラソン

 

蜂蜜の整腸作用

 

意外なことに蜂蜜は、腸内環境を整える作用を持っています。蜂蜜に含まれるグルコン酸という有機酸は腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌の繁殖を抑える働きを持ち、腸内環境が負のサイクルに偏ってしまっている人にとって解決のきっかけになる可能性を持っています。また、蜂蜜に含まれる酵素は腸内の栄養素の消化を助け、消化不良による栄養素の腐敗・編成を防ぎ、腸内環境の改善に役立つ作用があります。

腸内環境と筋トレ・ボディメイクの関係性は以前の記事(腸内細菌とボディメイク)でご紹介した通り、非常に密接に関わっています。健康にもボディメイクにも健康的な腸内環境は必要不可欠なのです。

 

蜂蜜の抗酸化作用

 

既にお話しした内容でも、十分すぎる蜂蜜の効果を感じていただけたかもしれませんが、蜂蜜は体内の老化を防ぎ疲労の蓄積を防ぐ抗酸化作用も持っています。激しい運動をしたり、精神的なストレスがかかると体内では、活性酸素と呼ばれる物質が発生し、体内を酸化させます。この酸化は、しばしば体内が『サビる』と例えられ、このサビは蓄積するごとに血管の柔軟性を低下させ、肌のハリを失わせ、疲労が溜まりやすい身体をつくる、といった様々なかたちで老化を引き起こします。蜂蜜はこの活性酸素の悪影響を抑える抗酸化物質の一つ、『ポリフェノール』を複数種含み、トレーニング後の疲労回復に効果を発揮し、身体づくりや健康に大きなメリットをもたらします。

 

蜂蜜

 

まとめ

前回に引き続き、身体づくりに役立つ蜂蜜の効果をお伝えしました。これらの効果を最大限引き出すには、

  • 普段のトレーニング中
  • トレーニング後の栄養補給

のタイミングで蜂蜜を適量混ぜたドリンクを使用すると良いでしょう。トレーニング中のエネルギーレベルと集中力の向上、トレーニング後の身体の回復に役立つはずです。爽やかな風味の蜂蜜を身体づくりの為に是非、お試しください。

 

【執筆】薬剤師(パソーナルトレーナー):安野 勇太

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

※当サイト内の全てのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するように努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性・安全性・最新性等を保証するものではありません。また、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承くださいませ。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

ページトップへ戻る