肝臓に与えるウコンの効果について | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

肝臓に与えるウコンの効果について

カテゴリー:

飲み会の前にウコンを飲むという風景は、もはや見慣れた方も多いことでしょう。しかし、最近ではウコンに新たに注目が集まっており、それに関連してウコンが持つ肝臓への効果について改めて調べました。

琉球から始まったウコンの歴史

ウコンとはショウガ科に属する多年草であり、日本では沖縄で広く栽培されています。というのも、平安時代にインドから琉球に伝わったのがウコンの始まりだとされているからであり、当時は食用の他染料や薬としても利用されていました。

今では二日酔いに効く健康食品として愛用されており、サプリメントやドリンクなどで売られています。生のままでも食べられますが、なかなかクセのある風味なので加工された状態で口にされるのが一般的です。

変わったウコンの種類

これまでポピュラーなウコンについては説明してきましたので、多少マニアックな品種についてご説明いたします。

紫ウコン

クルクミンをあまり含んでおらず、代わりに精油成分を豊富に含んでいます。そのオイリーな成分から血液をサラサラにする効果がありますが、栽培が難しいことからかなり希少なウコンとなっています。

黒ウコン

アントシアニンというポリフェノールを非常に多く含んでいるウコンです。ブルーベリーで有名な成分ですが、それを似た色をしたウコンです。

白ウコン

これもクルクミンをほとんど含んでおらず、代わりにゼルンボンという精油成分を多く含んでいます。黒いウコンもあるのに白いウコンもあることから、ウコンの多様性が伺えます。

クスリウコン

私も初めて聞いたウコンです。他のウコンと比べてもクルクミンを最も多く含んでいます。変異種のようなもののため、とても希少なウコンです。ウコンの新たな面を開拓する可能性から研究も進んでいます。

どうして二日酔いに効くのか?

ウコンに含まれるクルクミンという特有成分が、肝臓のアルコール代謝機能を高めるからだと言われています。本来アルコールは人の身体にとって負担をかける飲み物ですが、口から体内に入ったアルコールは肝臓で胆汁により無毒化されます。この一連の過程をサポートすることで、お酒に強い身体を作ることができます。

しかし、近年になって肝臓機能を高めることで内臓に負担をかけているのではないかとも言われるようになりました。クルクミンは胆汁の分泌量を増やす作用もあるのですが、もともと自然に出る量以上に分泌を促すためこれが無理に稼働させている可能性が指摘されています。もっともアルコールを身体に入れた時点で免疫機構により胆汁も増えるはずですので、真偽は微妙なところです。

過剰摂取は×

ウコンを摂り過ぎるのは確実にいけません。長期間にわたりウコンを摂り続けると肝機能障害に陥る危険性があります。またサプリメントなどから過剰に摂取しても同様です。適量を守って正しくお使い下さい。どんな健康食品といえども摂り過ぎは絶対にやめましょう。

ウコンをうまく使うには

ウコンは飲み会で使う方がほとんどですが、いつ飲むのがベストなのでしょうか?基本的にいつ飲んでも効果は見られますが、強いて言うなら飲み会が始まる前に飲むのが効率的でしょう。

それはウコンを飲んでから体内で有効成分が回り始めるまでに1~2時間ほどかかるとされているからです。ちょうどクルクミンなどの成分が内臓をめぐっているうちにお酒を飲むと、代謝や無毒化がうまくいきやすいと言われています。

もっとも飲んでいる最中や飲み会の後でも十分効果は得られます。むしろ飲み会が長引く場合は様子を判断してタイミングを計って飲むのがベターかもしれません。私も1~2時間で終わると思っていたら、3次会まで続いてしまったこともあります(笑)

参考記事:『ウコンは実は肝臓に悪い!?』


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN onlineshop  
蜂蜜製品・健康食品で健康・美容をサポート。
TCN onlineshopは安心してお買い物いただけるよう、様々な特典を用意しております。
初めてで不明点がある場合は、どうぞお気軽にお電話・メールでお問い合わせください。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。