ウコンってなに?健康効果と効果的な飲み方 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

ウコンってなに?健康効果と効果的な飲み方

カテゴリー:

古来よりアユールベーダや民間治療で重要な役割を担ってきたウコン。現代では優れた抗炎症効果、がんに有効な成分、抗酸化効果があることから注目されています。そのウコンの成分がどの様な健康効果をもたらすのか、どの様な飲み方効果的なのかをご説明いたします。

古来の万能薬ウコン

インドなどの国では、数千年も続く文化の中で、東洋医学にも用いられるハーブや植物の根を日々の食事に使用することが根付いています。ターメリックウコンはその様な植物の根の一つで、数々のインド料理のレシピに幅広く使われています。

研究によるとウコンには、とても優れた抗炎症効果がんに有効な成分抗酸化効果があることが明らかになっています。体に起きる炎症は治療しないでいると、深刻な健康問題になります。また、アスピリンやイブプロフェンとは異なり、ウコンに含まれる成分であるクルクミンは、肝臓腎臓傷つけずに炎症を自然に抑える効果があります。

ヘルシアー・トークによると:

ウコンは、関節炎、スポーツによる怪我、過敏性腸症候群、クローン病、腱炎そして数々の自己免疫疾患などの病気の治療の助けをします。また他の研究では、気管支喘息や炎症性腸疾患、そしてガンに働く効果もクルクミンには含まれています。

クルクミンは、抗炎症作用があるとしてよく知られています。クルクミンの成分は700の細胞に働き、シクロオキシゲナーゼ(COX2)そしてアラキドン酸-5-リポキシゲナーゼ (5-LOX)の活動そして合成を抑制します。炎症は本来、白血球や物質がばい菌やウイルス等が、体内に侵入した際に起こる自然で有益な過程であり、健康に保つためには幾つもの過程の炎症が体には必要となりますが、炎症が悪化し手に負えなくなることも多々あるのが特徴です。

どの臓器に炎症が起きるかにもよりますが、気管支喘息、アレルギー、自己免疫機能、心臓病、ガンなどの病気は元々は危険性の高くない炎症だったもかかわらず、体の免疫機能が間違えて危険と捉え炎症を悪化させる現象と深く関わりがあります。また、炎症過程で細胞組織に刺激が加わることで痛み、赤み、腫れや熱を帯びます。これらの現象は変形性関節症患者に多くみられ、クルクミンの抗炎症効果は、このような症状の改善に役立つされています。

変形性関節症患者を対象にした、ある最近の研究では、毎日200mgのクルクミンの摂取を治療に加えた患者は、痛みの軽減体の可動域の広がりなどの改善が見られたが、

クルクミンを摂取しなかったグループの患者にはこのように大きな改善がなかったということです。

また他の研究では、ウコンに含まれるクルクミノイド(強力な抗炎症効果を持つ植物由来の栄養素)という成分が炎症の進行を抑え、腫れや痛みを起こすタンパク質への侵食を防ぐ効果があることが明らかにされています。

インドでは「聖なる粉」とされるウコン

インドでは古来からウコンは「聖なる粉」として人々にあがめられ、何世紀もの間、きずや感染病などの損傷への治療に用いられてきました。現代の研究で、そのような昔からあるウコンについての言い伝えが本当であり、抗酸化作用、抗ガン作用、抗生物質効果、抗ウイルス作用など、様々な効果があることが明らかになっています。抗酸化作用による免疫機能の活性化や、ビタミンCやEの5~8倍もの強度をもつため、酸化剤の中で最も反応のあるヒドロキシルラジカルなどの収集が可能なほど強い成分ということです。

最近の研究で、クルクミンは成分自体を体内の細胞膜に挿入したのち、自身の物理的性質を細胞膜へと変化させ、調子を整えることがわかりました。

クルクミンが細胞へ侵入した時について、スタディーズ・リードの研究者はこう述べています:

細胞膜はまず秩序を乱し、弱くなりますが、その後制御され秩序を取り戻すことでその中を流れる情報がコントロールされます。

これにより、細胞が強化され炎症や悪性腫瘍、以下の病気を予防する働きをします:

  • 嚢胞性線維症
  • 2型糖尿病
  • クローン病
  • 乾癬
  • 関節リウマチ
  • 白内障
  • 胆石
  • 筋肉変性
  • 炎症性腸疾患

クルクミンを効果的に摂取するには

クルクミンはサプリメントなどで幅広く販売されていますが、効果を得るためには大量のクルクミンを摂取しなければなりません。そして、通常クルクミンは、体内に吸収されにくいという性質を持っています。

ここで、クルクミンを効果的に体内で吸収させる方法をご紹介します。

  • マイクロエモルーションを作る

スプーン1杯のウコン粉 + 1~2個文の卵白 + ティースプーン1~2杯のココナッツオイルを混ぜ、ハンドミキサーなどで混ぜる。

  • 自家製ウコン茶を作る

スプーン1杯のウコン粉を約950mlの沸騰しているお湯の中(常温のお湯だと効果が出ません)に入れ、10分煮る。出来上がるのがクルクミンが12%溶液で、冷めてから飲みましょう。クルクミン溶液は時間が経つにつれ濃度が下がり、6時間を過ぎた頃には6%へと減少する為、最初に煮出してから4時間以内には飲みきる事をオススメします。

注意:ウコン粉末はとても黄色いので、キッチンが黄色くならないように注意してください。

まとめ

ウコンはカレーなどに含まれるとしてよく知られている他にも、二日酔い予防に一般的に利用されていますが、抗炎症効果、がんに有効な成分、抗酸化効果など様々な健康効果があるという事です。

この記事は抄訳です。参考記事

Alternative Medicine Review Dec 2010, 15(4):337-44

Arthritis & Rheumatism Nov 2006, 54(11):3452-64

Journal of the American Chemical Society Apr 2009, 131(12):4490-8

Cancer Aug 2005, 104(4):879-90


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN onlineshop  
蜂蜜製品・健康食品で健康・美容をサポート。
TCN onlineshopは安心してお買い物いただけるよう、様々な特典を用意しております。
初めてで不明点がある場合は、どうぞお気軽にお電話・メールでお問い合わせください。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。