ウコンの最適な飲み方と量について | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

ウコンの最適な飲み方と量について

カテゴリー:

お酒の席で使われるウコンは、アルコールの代謝を促して健康な身体を作ってくれます。その効果をもっとも上手く使うために、ベストな飲み方と使うべきを知っておきましょう。

スッキリとした明日を作るウコン

ウコンは飲み会のときに使われることの多い健康補助食品となっています。それは肝機能を高める効果からアルコールの代謝を促し、頭痛や吐き気をもたらす二日酔いを防ぐのに有用だからです。次の日までお酒を持ち越してしまうと、仕事に支障が出たり休日を謳歌できなかったりしますので、シャンと過ごすためにウコンを飲んでおきましょう。

様々な種類のウコン

巷では一括りにされているウコンですが、実は多くの種類が存在しており、それぞれ特徴や効果が違っています。具体的にどんなウコンがあってどのように作用するのか見ていきましょう。

春ウコン

漢方としても使われるウコンですが、その中では春ウコンがもっともよく使われています。特有成分であるクルクミンは少ないですが、精油成分が多く美容目的で飲まれることが多いです。

秋ウコン

日本でもっとも使われているのが秋ウコンです。オレンジに近い黄色をした生姜のような見た目をしており、カレーの材料となるターメリックに使われています。サプリメントやドリンクなどの健康補助食品にも用いられており、二日酔い対策に有用です。

ウコンの特有成分であるクルクミンを豊富に含んでいることが日本でもっとも多く使われる決め手となっております。クルクミンは肝機能を強化する効果から、二日酔いや悪酔いの予防に役立ちます。クルクミンの含有量が健康補助食品を選ぶ重要なファクターとなりますので、選ぶ際にはその点を確認しておくと良いでしょう。

紫ウコン

切り口が紫色になることからこの名がつけられました。紫ウコンはコレステロールの排出を促す他のウコンとは違った効果を発揮します。このことからダイエットに用いられることもしばしばあります。

クルクミン以外に含まれる成分

カリウム

体内の余分な塩分を排出する効果があり、高血圧予防に役立ちます。現代では味付けされた食べ物や加工食品が常食化されていますので、塩分には気をつけることが大切です。また血圧の上昇は、脳卒中などの大病を引き起こすリスクが高まりますので意識的に防ぎましょう。

ピサクロン

クルクミンと同様に二日酔いを防止する効果があり、これもウコンの特有成分となっています。肝機能の障害を抑制する働きもありますので、肝臓のケアに役立ちます。

ダイエット目的などで使う場合は数回に分けて飲みましょう

ウコンは二日酔い防止で使われるのが主ですが、消化を促進する効果からダイエットにも用いられています。代謝を促すことで痩せやすく健康な身体を作れますので、疲労などで代謝が低迷している方におすすめです。
また飲み会の前にはウコンは一回飲むだけで大丈夫ですが、ダイエットに使う際は一日に数回に分けて飲みましょう。有効成分をじっくり馴染ませて、全身に浸透させることができます。

自身にあった量を使うのがベストです

二日酔いをしたくないと思って、ついついドリンクなどを大量に飲んでしまう方もいますが、それでは気分を悪くしてします恐れがあります。健康補助食品は大量に摂取したからといって効果が強く現れるものではなく、むしろ体内での吸収が遅れて害となります。パソコンやスマートフォンで次々タスクを要求していると、フリーズしやすくなるのと同じです。
悪酔いしたくないと思ってウコンをたくさんとってしまうと、逆に健康を損ねてしまいます。同封されている注意書きや側面に書かれてある事項をよく読んで、使い方を遵守しましょう。

関連記事はこちら


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。