ウコンが持つ酒酔い対策などの効能 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

ウコンが持つ酒酔い対策などの効能

カテゴリー:

ウコンはおを飲むときに使われる製品ですが、実は美容や健康などにも使えることはご存知でしたか?ポリフェノールなど実に多くの栄養素を含み、強い抗酸化作用を持つといった優れた効能についてお伝えいたします。

お酒の席で役立つウコン

ウコンは二日酔いに効く生薬であり、ドリンクやサプリメントなどがドラッグストアやコンビニなど随所で売られています。宴会など祝いの席でウコンを飲む方を見かけるのは、会社勤めの方ならば一度は目にしたことはあるのでしょう。

 

様々なウコンの種類

ウコンはしょうがのような根茎でイメージされますが、実は様々な種類のものがありその効能もそれぞれ違ったものになっています。

 春ウコン

春ごろに桃色の花を咲かせるウコンであり、漢方薬として使われます。ウコンの特有成分であるクルクミンはさほど多くないですが、精油成分が豊富であり胃を元気にしたり血圧を下げる効能があります。

紫ウコン

夏に紫色の花を咲かせるウコンであり、切った断面が紫色であることから紫ウコンと呼ばれています。もっとも精油成分を多く含み、健胃作用やのコレステロールを排出作用が強いです。

白ウコン

黄色っぽい白色の花が咲き、花茎の先に膨らんだ苞葉が開きます。ゼルンボンという特有成分を含み、免疫機能を活性化させる効能があります。

黒ウコン

ポリフェノールであるアントシアニンを多く含んでおり、何とその量はブルーベリーの3倍以上です。優れた抗酸化作用を持ち、美容や若々しさの維持に大変役立ちます。黒ウコンだけを使ったサプリメントがありますので、それを使うと効率的です。

 ウコンの効能について

悪酔いを防ぐ

特有成分であるクルクミンは、体内のアルコールの分解を促して悪酔いを防ぎます。二日酔いは吸収しきれなかったアルコールや、アルコールが分解されることで生まれるアセトアルデヒドという毒素によって起こるものとされており、これを防ぐことで気分を良好にします。

 

実は美容にも効く!?

クルクミンは酔いを防ぐ効能が有名ですが、肌をきれいに保つ美容効果もあるとされています。クルクミンは抗酸化作用を持つ成分でもあり、身体から活性酸素を除去して余分なコレステロールを排出させる効果があります。血行の促進や代謝の健全化によって、健康な身体を作ることができます。

 

ピロリ菌を除去する

ウコンの特有成分であるベータエレメンアズレンは、ピロリ菌を除去する効能があると言われています。ピロリ菌は50歳以上の8割以上に罹患しているといわれるメジャーな砂金です。抗生物質では副作用のリスクがありますので、自然食品の摂取によって除去を図る方も多くいらっしゃいます。

 

ウコンを効率的にとるには

 

ウコンの一日の目安摂取量は1.5g2.0gとされており、ドリンクタイプですと1本程度になります。悪酔い対策に飲み会の前後に1本飲む方がほとんどですが、美容や健康維持の目的の場合は一日に23回に分けて継続的に摂取することをお勧めします。一度に大量にとると、吸収効率に劣り肝臓などの消化器官に負担をかけてしまいますので、できれば少しずつとっていきましょう。

 

ウコンの副作用について

 

月に12回飲み会の前に使用しておく程度であれば、健康な状態なら安全だと思われます。しかし、クルクミンは吸収のとき肝臓に負担がかかるので注意が必要です。特に飲み会が続いている方や消化性潰瘍、胃酸過多などを患っている方は使用を控えることをお勧めします。

合わせて読みたい:『ウコンの効能と最適な飲み方』

最後に

ウコンはブルーベリーの3倍以上のアントシアニンを持っているなどあまり知られていない長所がたくさんあります。そういった成分はドリンクなどに加工される際に失活しますので、ウコンをスーパーで見かけた際には一度生で食べてみてはいかがでしょうか?


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。