ウコンとは?ウコンのサプリの効能と過剰摂取によりおこる副作用 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

ウコンとは?ウコンのサプリの効能と過剰摂取によりおこる副作用

カテゴリー:

ウコン

ウコンは、南アジア原産の黄色のスパイスで、インドの料理には欠かせない材料です。ウコンには、クルクミンと呼ばれる生理活性物質が含まれており、栄養サプリメントとしての人気が高まっています。一部の人は、過剰なウコンやクルクミンのサプリの摂取による副作用を心配しています。今日は、ウコンの過剰摂取によりおこる副作用についてお話します。

ウコンとは?

 

ウコンは、英語で”ターメリック(turmeric)”と呼ばれる植物で、インド人が伝統的に使用するスパイスであり、薬用植物です。ウコンの根茎は、明るい黄色またはオレンジ色をしており、通常乾燥してすりつぶし、粉末状にして使われます。この粉末には、ウコンに特徴的な色を与える”クルクミノイド”と呼ばれる物質が豊富に含まれています。ウコンは、インドカレーには欠かせない材料で、その味は、ぴりっとして苦味があると表現されます。世界の殆どのウコンは、インドで栽培され、インドで消費されています。ウコンは主に、炭水化物、でんぷん、食物繊維で構成されています。しかし、他のスパイスと同様に、ウコンは、多数の植物性化合物と栄養素を含んでいます。ウコンの持つ多様な健康効果は、活性成分であるクルクミノイドに起因しています。そして、最も幅広く研究されるクルクミノイドは、その約3%を占めるクルクミンと呼ばれる物質です。

 

何故人々はウコンサプリを摂るのか

 

ウコンは、食品に風味や色を与えるスパイスや食用色素として使用されています。そして多くの人は、クルクミンのもたらす多くの有益な健康効果を得る為に、ウコンのサプリメントを摂取しています。

 

クルクミンサプリメントの効能

 

●炎症を減らす:慢性炎症は、多くの病気に関係しています。これまでの調査は、クルクミンのサプリメントが炎症マーカーの値を減らすことを示唆しています。

 

●酸化防止能を改善する:クルクミンとその他のクルクミノイドは強力な抗酸化物質で、わたしたちの体の酸化防止能を改善する可能性があります。

 

●血管機能を改善する:これまでの研究は、クルクミンのサプリメントが血管の拡張を促進し、血流を上昇し、血圧を降下することを示唆しています。

 

●心臓発作のリスクを下げる:ウコンのサプリメントは、クルクミンの抗炎症効果を通して、心臓発作のリスクを減らす可能性があると言われています。

 

副作用

 

クルクミンサプリメントの副作用

 

クルクミンのサプリメントは基本的に安全で、少量の摂取による副作用は報告されていません。2012年に発表されたインドのある研究では、関節リウマチの患者が1日500mgのクルクミンのカプセルを8週間摂取しました。この実験の結果、患者は関節炎の症状が改善し、カプセルの摂取に関連する副作用は見られなかったことが分かりました。

 

しかし、一部の人々は、高用量のクルクミンで次のような軽い副作用を経験する場合があります。

 

●消化器系の問題:一部の人は、1日1000mg以上の過剰なクルクミンの摂取で、腹部膨満、呑酸、下痢などの軽度の消化器系の問題が引き起こされる場合があります。

 

●頭痛及び吐き気:450mg以上のクルクミンが、頭痛や吐き気の原因になる場合があります。

 

●皮膚の発疹:まれなケースですが、8000mg以上のクルクミンの摂取による皮膚の発疹が報告されています。

 

まとめ

 

過剰なクルクミンの摂取は、有害反応を引き起こす場合があります。しかし、少量のクルクミンの摂取による副作用は報告されていません。これからウコンやクルクミンの摂取を開始される方は、サプリメントを安全に使用をする為に、ラベルに記載された用量用法を守りましょう。

 

関連記事:ウコンに含まれるクルクミンの安全性:肝臓などへの副作用はあるのか


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。