プールで耳に水が入ると中耳炎になるのは間違い? | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

プールで耳に水が入ると中耳炎になるのは間違い?

カテゴリー:

プールで泳ぐ子供

 

、プールの季節が近づくと、「プールで耳や目の病気になるのでは?」 と、お子様のいるご家庭では特に心配になるところでしょう。「中耳炎を起こすからプールには入らない」という話も聞きますが、中耳炎は本当にプールの水が入って起こるのでしょうか? ここでは、プールの水と中耳炎の関係や、中耳炎の原因、予防法などを解説していきます。

 

中耳炎について知ろう

 

中耳炎とは

 

中耳炎とは、中耳腔(鼓膜の奥の部分)に細菌が入り、炎症を起こし膿がたまる病気です。

 

■原因

 

耳の鼓膜の奥にある中耳と鼻・のどは、耳管(じかん)でつながっています。風邪をひくと鼻やのどに炎症が起こり、細菌が繁殖します。増えた細菌が耳管を通って中耳腔に入り、そこで炎症を起こすのが中耳炎です。

 

■症状

 

風邪の症状の鼻汁、鼻づまり、のどの痛み、咳などが現れた後に、内耳腔が膿で腫れ、発熱し耳痛が起きます。炎症が強いと膿が増えて鼓膜が弱くなり、鼓膜に穴が開き、耳だれを起こすこともあります。耳だれで膿が外に出ると、耳痛は軽減します。

 

治療

 

炎症を起こした細菌に有効な抗菌剤を内服し、炎症を抑えます。膿で鼓膜が膨張し耳痛がひどい時は、鼓膜切開をして膿を出すこともあります。通常、抗菌剤を5日間内服しても、症状が軽減しない場合に鼓膜切開が検討されます。

 

■経過

 

急性中耳炎の場合、耳痛や発熱は2~3日でおさまります。しかし、中耳腔に膿は残っており、すべての膿がなくなるまでは、1ヶ月以上かかります。ここで放置すると、滲出性中耳炎、慢性中耳炎につながるため、耳鼻科に通い、しっかり治療しておくことが大切です。

 

膿は耳管を通り、鼻とのどの奥に排出されます。鼻汁で鼻が詰まらないよう、しっかり鼻をかんでおくと、膿の通りが良くなり治りも早まります。

 

耳

 

プールで水が入ると中耳炎になるは間違い?

 

中耳炎は鼻やのどで繁殖した細菌が、耳管を通り中耳に入り込むため、外耳から入る水で炎症を起こすことはありません。

 

基本的に、プールの水が耳に入っても中耳炎にはなりません。しかし、鼓膜に穴が開いている場合は、細菌が入り込むため注意が必要です。

 

■中耳炎のときはプールに入っても大丈夫?

 

鼓膜に穴が開いていない場合は、発熱や耳痛がおさまり体調が良好であればプールに入っても大丈夫です。しかし、耳だれがある場合は、鼓膜に穴が開いているため、しっかり治し、耳鼻科ドクターの指示を受けてからにしましょう。

 

■中耳炎にかかりやすい人はどんな人?

 

中耳炎は、圧倒的に子供が多くかかります。子供の耳管は、大人と比べると太く短く、角度も水平に近いため、細菌が中耳に入りやすいです。また、鼻汁をかんで排出できず、逆にすすってしまうため、鼻汁にいる細菌を中耳に送ってしまうのです。

 

大人で中耳炎になる場合も、原因は風邪が最多です。ほかにも花粉症などアレルギー性鼻炎、ストレス過多、睡眠不足でも免疫力の低下や耳管の機能低下で中耳炎になりやすくなります。大人の場合、耳管が細く長く角度もあるため、中耳炎になりにくい構造ですが、逆に中耳炎になってしまうと膿が抜けにくく、重症化し治療も長引いてしまいます。

 

また、飛行機の離着陸時の気圧の変化で起こる、航空性中耳炎もあります。これは、風邪やアレルギー性鼻炎があるとかかりやすくなります。

 

プール

 

中耳炎は予防できるのか

 

強い痛みが伴い、完治に時間のかかる中耳炎は出来れば予防したいものです。次のことに注意して中耳炎を予防しましょう。

 

■鼻・のどの炎症を起こさない

 

風邪、インフルエンザ、アレルギー性鼻炎などにかかると、炎症が起こり細菌を繁殖させます。鼻汁や鼻づまりは早く治すようにし、早めに耳鼻科を受診しましょう。

 

鼻汁はすすらずかむ習慣を

 

鼻汁で鼻が詰まらないように、よくかむようにします。その際、片側ずつやさしくかむようにしましょう。子供で鼻をかめない場合は、吸い取ってあげます。

 

ストレスの軽減・睡眠時間の確保

 

ストレスや睡眠不足は、耳管の機能低下を起こし膿が溜まりやすくなります。体調が悪い時は、休息や睡眠をしっかりとるようにしましょう。

 

痛み

 

 まとめ

 

プールの水が外耳から入り中耳炎を起こすことはありませんが、鼓膜に穴が開いていると細菌が入り込んでしまいます。中耳炎にかかったことがある、鼻汁が多く鼻づまりのあるお子さんの場合、一度耳鼻科で診察してもらうと安心です。

 

また、急性中耳炎にかかった場合は、最後までしっかり治すことが大切です。完治していないと、耳管の機能が低下し内耳に浸出液がたまり、聴力の低下も起こります。

 

中耳炎を予防するには、体調管理が第一です。風邪をひかないよう、外出後や食事前の手洗いやうがいを励行し、バランスの良い食事で栄養管理もしっかり行っていきましょう。

 

【記事監修】看護師:R.shimamura

 

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

※当サイト内の全てのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するように努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性・安全性・最新性等を保証するものではありません。また、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承くださいませ。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る