紫外線対策にも良い? トマトの効果 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

紫外線対策にも良い? トマトの効果

カテゴリー:

 

暖かい日が多くなるにつれて、気になってくるのが日中の日差しによる紫外線。日焼け止めを持ち歩く人がだんだんと増える中、今回お伝えするのは、トマトを食べてできる体の内側からの紫外線対策です。トマトに含まれる栄養成分にはどのような効果があるのでしょうか。

 

トマトに含まれる成分

 

トマトの特徴として、その赤色のもととなる、「リコピン」という色素成分を多く含むことが挙げられます。リコピンは、スイカ、柿、パパイヤ、アスパラガスなどにも含まれる成分で、高い抗酸化作用があることが分かっています。リコピン以外でもトマトには、抗酸化作用を持つビタミンA、ビタミンC、ビタミンEなどのビタミン類が多く含まれます。また、カリウムなどのミネラルも含まれており、夏の暑い時期に、夏バテ対策食材として取り上げられることも多いです。

 

 

トマトの持つ効果(紫外線対策に良い理由)

 

紫外線を浴びると、皮膚で活性酸素が作られます。これにより、コラーゲンやエラスチンなどが破壊され、皮膚のシワ・たるみなど、老化に繋がる原因が作り出されてしまいます。また、紫外線を大量に浴びることでメラニンが作られ、色素沈着してしまうことでシミになってしまいます。紫外線対策に良い成分として、トマトに含まれるリコピンが注目されています。リコピンは、ビタミンEのおよそ100倍も強い抗酸化作用を持つことが報告されており、トマトの摂取は、活性酸素の抑制に繋がります。紫外線対策以外でも、LDLコレステロールの酸化を予防するなど、トマトには様々な健康効果が期待されています。

 

 

トマトの摂取方法

 

では実際に、トマトはどのように摂取すれば良いのでしょうか。ビタミン類の中でもビタミンCは、熱により壊れやすい性質を持っています。ですので、なるべく熱を加えない方法で摂取するほうが良いでしょう。とれたてのトマトに、お塩をひとつまみかけてそのまま頂くのも一つの摂取方法です。その他にも、トマトの皮をむいて、ミキサーで粗くして液状で摂取しても良いかもしれませんね。身近なもので言うとサラダ等がおすすめです。市販されているトマトジュースを利用するのも手段のひとつですが、塩分が高いものが多いので、飲みすぎにならないよう注意が必要です。

 

○トマトを使ったオススメレシピ

 

これから暑くなる時期に向けて、トマトを使ったおすすめのデザートレシピをご紹介します。

 

●トマト寒天ゼリー

 

材料(4人分)

  • トマトジュース(トマトピューレ缶でも可)200ml
  • 粉寒天4g
  • 水 100ml程度
  • はちみつ

 

調理道具

  • 小鍋2個
  • おたま
  • ゼリーカップ4個

 

作り方
  1. ① 小さな鍋に水を100ml程度入れて、火にかける。
  2. ② トマトジュースを別の鍋で温めておく。(りんごジュースを加えると味が優しくなります)
  3. ③ ①に粉寒天を入れて溶かし、その後、②を入れて軽く混ぜる。
  4. ④ 鍋を火から下ろし、濡らした布きんの上などに置いて、粗熱を取る。
  5. ⑤ おたまですくい、④を少しずつゼリーカップに流し入れる。
  6. ⑥ 冷蔵庫で1時間程冷やす。
  7. ⑦ ゼリーカップから取り出して、上からはちみつをお好みでかけて出来上がり。

 

 

まとめ

 

トマトは、夏に向けてこれから旬の時期に入るので、ジュースやサラダなどに是非取り入れてみてください。リコピンをはじめとした栄養素が、体の内側からの紫外線対策をサポートしてくれるのではないでしょうか。

 

【記事監修】管理栄養士:片岡 美樹

 

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

※当サイト内の全てのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するように努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性・安全性・最新性等を保証するものではありません。また、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承くださいませ。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

ページトップへ戻る