株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

子供の食習慣が学業成績に与える影響

カテゴリー:

ファーストフード

食習慣は、子供たちの学業成績に大きな影響を与えます。例えば、ファーストフードは、子供たちの健康維持に必要な栄養素が殆ど含まれておらず、学業成績に悪影響を及ぼします。一方、ビタミンやミネラルが豊富な野菜果物の摂取は、子供の認知機能を改善し、学業成績にも良い影響があると考えらています。

食習慣と子供への影響

 

ファーストフードはビタミンやミネラルなど、子供の成長に必要な栄養素が殆ど含まれていません。ファーストフードの50%以上はナトリウム含有量が推奨量を上回っており、不飽和脂肪酸の推奨量を満たすものは25%未満です。また、十分なカルシウム鉄分を含むファーストフードは3分の1以下で、十分なビタミンAを含むものは20%以下です。頻繁なファーストフード摂取による栄養不足(特に鉄分不足)と、高い脂肪と砂糖の摂取は、学業成績の悪化と、インスリン抵抗性や肥満など代謝疾患に関係しています。

朝食を頻繁に抜くことも、学童期や青年期の子供に有害な影響を及ぼす食習慣の一つです。子供たちは朝食を食べた後、血糖反応が促進されることにより、空間記憶と短期記憶が強化されます。若者は高い脳代謝が必要なので、食習慣は特に重要です。16~18歳の若者の脳のブドウ糖消費量は、大人に比べ高いです。これまでのいくつかの研究は、子供たちの鉄分ヨウ素ビタミンAの摂取と、認知と学習を含む脳機能向上の為に、朝食摂取は重要であることを強調しています。

 

子供の食習慣は学業成績に影響するのか

 

韓国で、2009年~2013年の”Korea Youth Risk Behavior Web-based Survey”から 12歳~18歳までの合計359,264人のデータを選び調査を行いました。果物、ソフトドリンク、ファーストフード、インスタントラーメン、お菓子、野菜、牛乳の摂取と、食事の頻度(朝食、昼食、夕食)を含む7日間の食習慣を分析しました。運動量、肥満度、健康の自己評価、ストレスレベルなども分析に使用しました。学業成績は5段階に分類しました。この調査の結果、朝食を食べる頻度、果物、野菜、牛乳摂取の高さは、高い学業成績に関係することが分かりました。一方、ソフトドリンク、インスタントラーメン、ファーストフード、お菓子の頻繁な摂取は、学業成績に悪影響があることが分かりました。

 

子供

 

学業成績を上げる為に果物、野菜を食べ、牛乳を飲もう

 

果物と野菜の摂取は、良い学業成績と関係しています。果物と野菜は1日350g以上摂取することで、血中のカロテノイドやαトコフェロールなどの抗酸化物質濃度が上昇し、認知テストの結果にも良い影響があることが示されています。果物と野菜を十分に摂ることで、脳代謝に必要なビタミンCビタミンE、ミネラルが供給されます。

牛乳も、良い学業成績に関係があります。牛乳を含む乳製品は、生理活性ペプチド、コロストリニン、プロリンの豊富なポリペプチド、ラクトアルブミン、ビタミンB12カルシウム、プロバイオティクスのプラスの効果と脳のより良い耐糖性により、記憶力、注意力など神経認知機能を向上すると考えられています。

 

まとめ

 

食物の栄養成分と全体の食事の質、そして健康的な食習慣が子供の学業成績に関係しています。ファーストフード、ソフトドリンク、インスタントラーメン、お菓子はたまにはいいですが、頻繁に食べることで学業成績に悪い影響を与えます。食事(特に朝食)は抜かずにしっかり食べ、果物、野菜、牛乳をバランス良く摂取することを心がけましょう。

 


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN onlineshop  
蜂蜜製品・健康食品で健康・美容をサポート。
TCN onlineshopは安心してお買い物いただけるよう、様々な特典を用意しております。
初めてで不明点がある場合は、どうぞお気軽にお電話・メールでお問い合わせください。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。