前立腺肥大の症状を改善または悪化させる栄養成分:野菜、果物、タンパク質、緑茶 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

前立腺肥大の症状を改善または悪化させる栄養成分:野菜、果物、タンパク質、緑茶

カテゴリー:

前立腺肥大

遺伝、性ステロイドホルモン、老化は、前立腺肥大に関連する排尿困難や頻尿などの下部尿路症状を引き起こす要因であることが知られています。近年の疫学データは、肥満、血糖値、運動、食事を含む代謝を調節する栄養要因が、前立腺肥大症状の発達に影響していることを示唆しています。今日は、前立腺肥大の症状に影響する野菜果物、タンパク質などの栄養成分についてお話します。

前立腺肥大の症状に影響する栄養成分

 

前立腺肥大症や下部尿路症状の治療の為に、多くの医薬品が販売されていますが、普段の食生活の変更が、これらの症状の改善に繋がるかもしれません。前立腺肥大の症状に影響する栄養成分にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

高タンパクの食事

 

前立腺肥大症の男性3523人を対象に行われた8年に渡る調査では、総タンパク質の摂取量は、前立腺肥大症に明らかに関係しており、植物性タンパク質の摂取量に比べ、動物性タンパク質の摂取量の方がわずかにその関係性が強いことが分かりました。よって、総タンパク質の摂取量を増やす手段として、動物性タンパク質を過剰に摂取することは推薦されません。タンパク質と前立腺肥大の関係性に関する更なる情報が得られるまでは、高品質な植物由来のタンパク質や、冷水魚由来のタンパク質を適度な量摂取するのが合理的な選択であると言えます。

 

でんぷん

 

1369人の前立腺肥大症の患者と、1451人の対照グループを比較した症例対照研究では、でんぷんの消費者と前立腺肥大の直接的な関係性が示されました。でんぷんの主な供給源は、パン、パスタ、お米でした。でんぷんは、血清インスリンとインスリン様成長因子の増加により補正される血糖反応の原因になる場合があります。ジヒドロテストステロンに媒介される上昇したインスリン様成長因子のレベルが、前立腺肥大の発達を刺激すると考えられます。

 

野菜と果物

 

果物や野菜

 

果物と野菜は、抗酸化物質、ポリフェノール、ビタミン、ミネラル、食物繊維など、炎症を抑制する成分が豊富に含まれています。野菜は、前立腺肥大の防止における重要な役割を果たすと考えられています。BarnardとAronsonは、全粒穀物、果物、野菜からなる低脂肪で、食物繊維が豊富な食事の摂取と、毎日の有酸素運動が、前立腺肥大に関連した要因の減少に繋がるとしています。

 

リコピン

 

ある調査では、トマトに含まれる成分であるリコピンを1日15mg、6か月間摂取することで患者の前立腺肥大の進行が抑えられ、症状が緩和したことが確認されています。リコピンの摂取は安全で、良好な耐容性を示します。

 

緑茶

 

緑茶は、強力な抗酸化物質に起因する”エピガロカテキン-3-ガレート(EGCG)”という物質が含まれています。この物質はカテキンと呼ばれ、特定の細菌やウイルスを殺菌し、免疫システムを強化する効果があることが知られています。EGCGは、前立腺肥大や、その他のホルモン関連の異常の管理に役立つと考えられています。コーヒーや紅茶に比べると少ないですが、緑茶にもカフェインが含まれているので注意が必要です。利尿促進作用のあるカフェインは、膀胱を刺激し、尿意切迫を引き起こす可能性があります。コップ1杯の緑茶には、平均的に約25mgのカフェインが含まれており、紅茶には、緑茶のほぼ二倍の量が含まれています。

 

まとめ

 

上記のように、普段の食事に含まれる栄養成分が、前立腺肥大の症状の発達に影響を及ぼす可能性があります。前立腺肥大や下部尿路症状の予防及び緩和の為に、野菜や果物の摂取量を増やし、動物性タンパク質や、でんぷん質の多いパンやパスタの過剰摂取は控えましょう。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。