野菜で美肌効果(ビタミンE、C、カロテノイド、セレン) | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

野菜で美肌効果(ビタミンE、C、カロテノイド、セレン)

の質は遺伝による影響が大きいと予測されていますが、日々の食事で摂取する栄養素もまた、の健康に大きな関わりを持っています。健康的な、バランスの良い食事は、老化によって生じるサインを予防し、に栄養を与えみずみずしい肌を保ちます。アメリカ合衆国農務省は、基礎食品の中の野菜類を毎日2~3カップ分食べることを国民に推奨しています。野菜に含まれるビタミンや栄養素(ビタミンEビタミンCカロテノイドセレン)によって肌全体の改善につながるとされています。

ビタミンEが豊富な野菜

ビタミンEフリーラジカルや毒素から体を守る、自然の抗酸化物質です。フリーラジカルは代謝の間に生成され、肌のシワを作るなど、老化を加速させる要因とされています。また、ビタミンEは紫外線によるダメージから皮膚膜を守ります。ビタミンEが豊富な食材の例としては、アボカド濃い緑色をした葉物野菜サツマイモヤム芋などがあります。推奨されているビタミンEの摂取量は成人の場合1日につき約15mgで、授乳期の女性の場合は約19mgとされています。

ビタミンCが豊富な野菜

ビタミンEと同様にビタミンCも、フリーラジカルなどから体を守る抗酸化物質であり、老化を遅らせるために大きな役割を持ちます。また、ビタミンCは、肌のしなやかさや弾力を維持するために重要なタンパク質である、コラーゲンの生成に欠かせない栄養素です。ビタミンCが豊富な野菜は、ピーマンブロッコリートマトジャガイモ、そして葉物の野菜などがあります。推奨されているビタミンCの摂取量は女性の場合、1日に75mgで、男性の場合90mgとされています。

カロテノイドと肌の健康

赤色、オレンジ色、黄色などカラフルな野菜の色はカロテノイドと呼ばれる色素を、野菜が含むことにより生じます。カロテノイドは体内でビタミンAに変化され、ビタミンCやビタミンEの様に抗酸化物質として作用します。そして、フリーラジカルや毒素から体を守ることで、老化の進行を遅らせるとされています。β-カロテンもまた、肌を太陽のダメージから守るために重要な栄養素です。β-カロテンが豊富な野菜は、かぼちゃや、赤やオレンジ色・黄色のパプリカ人参そして、以外にも濃い緑色の葉物野菜にも豊富に含まれています。緑色の野菜がなぜ赤やオレンジ色をしていないかというと、これらの野菜は緑色の色素を与える葉緑体に覆われているためであります。推奨されているビタミンAの摂取量は1日あたり、女性の場合700~1300µg、男性の場合900µgとされています。

セレン

セレン肌にハリや弾力を与える、微量ミネラルです。そしてβ-カロテンのように、肌を太陽によるダメージから保護する機能を持っています。注目すべきは、太陽によってすでに傷ついた肌へのダメージをも減少させるという点です。セレンはほうれん草や、レンティルグリーンピースニンジンなどに豊富に含まれています。またJournal of Environmental Science and Health紙によると、セレンは野生のきのこにも豊富に含まれているそうです。野生のキノコに含まれるセレンの量は種類により異なりますが、1グラム当たり約20~370µgのセレンが含まれているそうです。そして推奨されているセレンの1日の摂取量は55~70µgとされています。

まとめ

様々な有効とされている栄養素を効率的に摂取することで、美肌を手に入れられるかもしれません。ビタミンEやCはおなじみの栄養素ですが、カロテノイドやセレンが持つ、肌を太陽のダメージから守る効果も、美しい肌のために欠かせない栄養成分であるといえます。栄養素には、水溶性、脂溶性とあるため、より効果を得るためには摂取する野菜の栄養素が加熱した状態・生のまま・油とともに食べるなど、特徴を確認するとより良いかもしれません。

 


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。