健康に良いお酢の種類と効果 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

健康に良いお酢の種類と効果

カテゴリー:

 

お酢は様々な健康効果が期待でき、料理に加えるとさっぱり感やコクも増す、おすすめの調味料です。毎日の健康的な食生活に役立つ、お酢種類や健康効果をご紹介します。

 

お酢の種類と特徴

 

まずは、お酢の種類を見てみましょう。お酢には「醸造酢」と「合成酢」があります。

 

醸造酢

 

「醸造酢」は醸造(発酵作用を利用して製造)して作られたお酢のことで、穀物酢や米酢、果実酢などが醸造酢になります。醸造酢には化学的に合成したものは添加されていません。

 

  • 穀物酢:米や小麦など数種類の穀物からできています。すっきりした味わいが特徴。
  • 米酢:米が主な原料でまろやかな酸味。
  • 黒酢:米酢と同じ米を原料としていますが、米酢は精製米を使用。黒酢は玄米を原材料としています。まろやかで少しとろみがあるのが特徴です。
  • 果実酢:りんごなどを使用。
  • ワインビネガー:ぶどうを使用。
  • バルサミコ:ワインビネガーと同じぶどうが原材料ですが、長期にわたる樽熟成が特徴。旨味、甘味が濃縮されています。

 

合成酢

 

一方「合成酢」は醸造をせず、化学合成された酸味成分や調味料を加え、人工的に短時間で製造したお酢のことです。合成酢として現代ではほぼ市販されていません。ちらし寿司の素などの調味料のひとつに加えられている場合がありますが、からだに害のある含有量ではないとされています。

 

醸造酢であるのか、合成酢なのかは商品ラベルを確認して「醸造酢」であることを確認してください。

 

 

お酢の健康効果

 

○高血圧対策

 

お酢に含まれる酢酸は、血圧の上昇に関与しているホルモンの作用を落ち着かせる働きを持っています。高血圧の人が毎日大さじ2杯のお酢を摂取したところ、数日で血圧が降下し始めたという臨床結果もあります。血圧が正常、または低い人が適量のお酢を摂取し続けたとしても、血圧の下がり過ぎはありません。また、血圧を下げるお酢の効果は、毎日適量を飲み続けることが重要です。

 

高血圧の原因の1つとして塩分の摂り過ぎがあげられますが、減塩で味も満足できる食事はなかなか難しいものです。そこで、お酢が大活躍!お酢には塩味を引き立たせる作用があります。またお酢には、体内の脂肪を合成する働きを抑制、脂肪の分解も促進するパワーがあるためダイエット効果も期待できます。

 

○食後血糖値の上昇を抑制

 

糖尿病や肥満予防のために必要なことは、食後の血糖値上昇をなるべく抑えること。糖質を多く含んだ食品は血糖値を上げやすい食品とされています。たとえば、ご飯やパン、じゃがいもなど。低糖質ダイエットなどに取り組んでいる方も多いと思いますし、極端に炭水化物を避けている方もいらっしゃるでしょう。短期間ならよいですが、ずっと続けることは難しい…… そこでお酢が大活躍!

 

ご飯ときゅうりのお酢の物を一緒に摂取した場合は、ご飯単品で摂取したときより血糖値の上昇が緩やかになったという臨床結果があります。

 

つまり、食事のときにお酢を一緒に摂取することで、血糖値の上昇を緩やかにするができるのです。お酢の酢酸が唾液中の消化酵素の働きを弱くして糖質の分解を遅らせ、さらに食物を胃から小腸に送り出す時間を遅くするので血糖値の上昇を抑えると考えられています。

 

○疲労回復

 

疲れて甘いものを摂りたくなったら果実酢ドリンクや黒酢ドリンクを選んでください。糖質プラスお酢で効率よく筋肉グリコーゲンを補完、早く疲労回復することがわかっています。スポーツドリンクに果実酢などを加えるのもおすすめです。

 

健康

 

いつものお料理にプラス+

 

■あんかけ料理や煮浸し

塩分量が多くなりやすいあんかけ料理や煮浸しは、しょうゆや塩を控えめに使用し、お酢を加えてみてください。加熱料理に使用するお酢は米酢より穀物酢がおすすめです。

 

■酢納豆

納豆1パックに小さじ1のお酢を加えてください。添付のタレも控えめに!

 

■出汁や野菜スープなどの仕上げに

塩分を控えめに作った出汁や野菜スープ1カップの仕上げに、お酢小さじ1をプラス。

 

■きゅうりの酢の物

輪切りきゅうりを軽く塩もみして米酢を絡めて、しょうゆ数滴を加えてください。

 

■酢かけラーメンやあんかけ焼きそば

ラーメンやあんかけ焼きそば、カップラーメンにお酢30g(約大さじ2)をかけます。

 

■冷製サラダパスタに

ゆでて流水でしめたパスタに、野菜とお酢を多めにしたドレッシングでいただきます。

 

 

 まとめ

 

お酢1日の摂取量目安は大さじ1~2杯です。大量に摂取したからといって効果がよく現れるわけではありません。摂り過ぎによって、お酢の酸で歯のエナメル質が溶けてしまったり、内臓粘膜が荒れてしまうこともあるようです。毎日適量を続ける。これが健康お酢生活の秘訣です。

 

【記事監修】栄養士:志賀 靖子

 

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

※当サイト内の全てのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するように努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性・安全性・最新性等を保証するものではありません。また、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承くださいませ。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る