ビタミンEサプリメントの効果・摂取量 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

ビタミンEサプリメントの効果・摂取量

ビタミンEは免疫機能を強くし、健康的な肌や目を得るためのカギとなります。最近では、抗酸化効果をもつサプリメントとして、ビタミンEサプリメントは人気を集めています。これらの抗酸化物質は、体内に生じるダメージから細胞を守ります。しかし、ビタミンEサプリメントの全貌はまだ解き明かされておらず、さらなる研究が必要とされています。

ビタミンEを生活に取り入れる前に

ビタミンの中でもとても人気のあるビタミンEですが、ビタミンEを生活に取り入れる前にビタミンEの効果・逆効果を明確にしましょう。今回は2記事(前半・後半)に分けて、ビタミンEの健康効果に注目していきます。

  1. ビタミンEの健康効果
  2. 目安摂取量
  3. ビタミンEを自然の食品から摂取できるか
  4. ビタミンEの副作用

 ビタミンEを摂取すべき理由

ビタミンEが摂取されている一番大きな理由は、ビタミンEが持つ抗酸化効果が病気の治療や予防に役立つことを期待されているためだと言われています。しかしビタミンEが、心臓病糖尿病アルツハイマー白内障やその他の様々な病気に対して有効であることを証明する研究は、十分な証拠を見つけられていません。

現在では、立証されているビタミンEサプリメントの効果はビタミンEが不足している人に生じた改善のみです。また、ビタミンE不足となるのは、大変珍しいそうです。可能性としては、病気にかかっている、消化管に問題がある、または嚢胞性繊維症にかかっている場合、ビタミンE不足になることも考えられます。また、食事から一切の脂質を排除した無脂肪の食事のみを食している人も、ビタミンE不足になりえる可能性があります。

どれくらいのビタミンEを摂取すべき?

アメリカ食品医薬品局が定めた、1日のビタミンEを含めた栄養素目標摂取量では、食事とサプリメントから摂取する目標ビタミンE摂取量は以下の通りです。

年齢・特徴

ビタミンE(α-トコフェロール)の

目標摂取量(mg)

子ども

1-3 歳

1日6 mg

4-8 歳

1日7 mg

9-13 歳

1日11 mg

女性

14歳以上

1日15 mg

妊娠中

1日15 mg

授乳中

1日19 mg

男性

14歳以上

1日15 mg

以下の許容上限量は、サプリメントとして摂取しても安全な最高値とされています。ビタミンE不足と診断された場合、この上限量よりも多い量を治療として摂取する事もあります。しかし、この様なケースは、医師の指示により処方された場合のみであり、自ら過剰にビタミンEを摂取する事は危険なのでやめましょう。

年齢

(子ども・大人を含む)

ビタミンE(α-トコフェロール)の

許容上限量(mg)

1-3 歳

1日200 mg

4-8 歳

1日300 mg

9-13 歳

1日600 mg

14-18 歳

1日800 mg

19 歳以上

1日1,000 mg

ビタミンEは脂溶性ビタミンであるため、サプリメントを摂取の際には食事とともに摂ることが理想的です。

まとめ

ビタミンEはフリーラジカルなどから体を守る、抗酸化物質の一種です。この抗酸化作用により、ビタミンEの腫瘍が年々高まっているそうでうす。しかし、一方では研究不足による、証拠の不十分も問題視されています。また、ビタミンEをサプリメントとして摂取する場合、適切な量を摂取することが、新たな病気のリスクを上げないためにも大変重要です。

Vitamin E


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。