食品や野菜からビタミンB1を上手に摂るために | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

食品や野菜からビタミンB1を上手に摂るために

カテゴリー:

ビタミンB1は脳や神経といった身体の中枢組織と深く関わっている非常に重要な栄養素です。今回はそんなビタミンB1が多く含まれている食品野菜、それと上手な摂取方法についてご説明していきます。

そもそもビタミンB1とは

ビタミンB1は水に溶けやすいビタミンの一種であり、弱酸性に対して強いですが、アルカリ性や熱には弱い性質を持っています。

1.疲労回復効果

「疲労回復のビタミン」ともいわれるビタミンB1は、糖質の代謝に欠かせないビタミンです。

お米を主食にして普段の生活から、糖質からエネルギーを摂取している日本人にとっては切っても切れない重要なパートナーとも言えるでしょう。

体内で糖質をエネルギーにするには酵素が機能しているのですが、さらにその酵素の働きをサポートする酵素があり、これを補酵素といいます。ビタミンB1は小腸で吸収されてからチアミンピロリン酸という補酵素になります。このチアミンピロリン酸が糖質の代謝にとって重要な物質であり、これがないと糖質はエネルギーまで変換されずにピルビン酸や乳酸という疲れのもととなる物質になってしまい、疲労の原因になりかねません。

エネルギーを生み出すだけでなく、疲労を防ぐという意味でも有意義なのです。

2.神経機能を清浄に保つ効果

人間の脳は中枢の神経や、手足など末端の神経をコントロールしています。身体の中枢である脳や神経は、糖質をエネルギーにして働いています。そしてビタミンB1は体内で糖質をエネルギーに変換する際に必要な補酵素として機能しているため、ビタミンB1が欠乏すると神経系に支障が出てしまいます。

脳を働かせるためにはかなりのエネルギーが必要とされますが、このエネルギーはブドウ糖からしか作られません。ビタミンB1はブドウ糖からエネルギーが作られるのをサポートしているので、ビタミンB1が不足してしまうとイライラすることが増えたり、情緒不安定になったり、記憶力が悪くなったりと多くの変調が見られるようになります。また手足にある末端の神経の働きが鈍くなるため、手足がしびれたりする症状が出ることもあります。

ビタミンB1を多く含む食品

ビタミンB1は豚肉や肉類のレバーに多く含まれています。それ以外では、うなぎやかつお、鮭などの魚類、大豆やそら豆などの豆類にも豊富に含まれています。特に穀物ではぬかの部分に多く存在しているので、玄米や胚芽米を食べるとしっかりビタミンB1を摂取することができます。

ビタミンB1の吸収を促進するのは野菜

豚肉などを食べると十分にビタミンB1を摂取できますが、一緒に食べることでより吸収が高まる食べ物もあります。それには、ニンニクやニラ、ねぎ、玉ねぎといった食品が挙げられます。

お気づきのひとも多いかと思いますが、どれも独特の匂いをもつ食材ばかりですよね。しかしこのにおいこそがビタミンB1の吸収を助ける大事な成分「アリシン」なのです。このアリシンがビタミンB1の吸収を促進して、より身体に浸透させてくれる働きを持つのです。またアリシンには胃腸の働きを改善する働きがあるので、食欲不振の方におすすめの成分です。

ビタミンB1の上手な摂取の仕方

ビタミンB1は水に溶けやすいビタミンですので、ビタミンB1を含む食材を調理する場合はスープや煮汁ごと食べることができるメニューがおすすめです。あるいはビタミンB1が豊富な肉類と吸収を高めるネギ類と合わせやすい餃子などもいいでしょう。ただし匂いには気を付けてくださいね。また、水に溶けやすいという事は体外にも排出されやすい性質も持っているという事なので、サプリメントなどを使ってこまめに摂取するのも一つの手です。ビタミンB1を継続的に摂取して、エネルギーをきちんと体の中で利用しましょう。

参考記事:『ビタミンB1が持つ健康効果』


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。