口内炎に効くビタミンB2の効果 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

口内炎に効くビタミンB2の効果

カテゴリー:

誰しもがよくなる口内炎。今回はそんなよくある症状の原因と対処法について見ていきます。ビタミンB2やビタミンB6が効果がありますので、それらのとり方も合わせて学んでいきましょう。 

口内炎の原因とは

栄養バランスが乱れている

インスタント食品ばかりだったり、外食が多かったりすると栄養バランスが乱れがちです。外食はおいしいイメージがありますが、塩分が多めだったり長期的に栄養バランスを考えていなかったりで健康管理には望ましくありません。

疲労症状

仕事や家事などで疲れていると、様々な症状が現れます。口内炎だけでなく、リンパ節が腫れたり動悸が激しくなるなど一般的に思われているより重めの症状が出ることもあります。加齢とともにこういった症状が見られやすくなります。もっとも疲労症状であれば、休憩をとれば回復しますので問題はありません。ただし、長期間続くようであれば何らかの病気の可能性もありますので、受診することをおすすめします。

食事中に口の中を噛んでしまう

学生時代にはままあることでしたが、食事中におしゃべりすると口の中をたまに噛んでしまうことがありました。噛んだ箇所が膨れ上がり、違和感を覚えるようになりますが、これが原因の場合は治癒とともに自然となくなっていきますので特に心配することはありません。

口内炎ができたときの対処法

歯磨きをきちんとする

口内炎は口の中の細菌が原因でできることもあります。口の中は基本雑菌だらけですが、歯磨きをしてプラークなどを取り除くようにしましょう。歯磨きは歯だけを磨く人がほとんどですが、舌まで磨くと舌炎対策にもあります。また歯磨きのポイントとしては、一本一本の歯をブラシで意識的に磨くようにして、上下両端にある4本の歯の後ろまで磨くときれいになります。できればフロスで歯間もきれいにしましょう。

しかし、一番のポイントは「早起き」かもしれません。このやり方でやると、10分以上かかることもザラですので・・・。

喉が乾かないように

コーラス部などの経験があればわかりやすいでしょうが、口の中が乾いていると口内炎以外にも口の中のトラブルが起こりやすいです。部屋に加湿器をつけたり、寝るときにマスクをつけるなどしておくとベストです。またお酒や辛いものなども望ましくありません。どちらも体に負担をかけませんので、程々にしておきましょう

ビタミンB2に効果アリ

ビタミンB2には粘膜の健康を維持する働きがあることから、口内炎の予防や治療に役立ちます。またビタミンB6も有効ですので、次にこれらのビタミンを効率よくとる方法についてご紹介いたします。

ビタミンB2はサバやウナギ、納豆などに豊富に含まれています。サバは焼き魚や煮つけなど幅広く使える食材の一つで、栄養豊かな健康食品です。ウナギはもう少ししたら食べられるようになる滋養のある食材で、言わずもがなうな重はとてもおいしいです。消化器官が疲れてない程度に疲労していると、箸がすすみます。年中食べられるウナギは中国などからの輸入品ですので注意しましょう。食品添加物などがかなり使われている可能性があります。納豆はご飯との組み合わせが王道です。というかそれ以外思いつきませんが、聞いた話では砂糖などを入れて食べる方もいらっしゃるようです。美味しいのか・・・?

ビタミンB6はササミやマグロ、バナナなどに含まれています。ササミは低脂肪高栄養食で健康にいいです。天ぷらやポン酢で食べると美味しいです。またマグロは生食もいいですが、バーナーで炙ると変わった美味しさが味わえます。私はクレームブリュレなどでも使っています。バナナも生食以外にシフォンやスムージーで食べられます。スムージーは食欲のない時の食事にもうってつけです。

関連記事はこちら

 


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN onlineshop  
蜂蜜製品・健康食品で健康・美容をサポート。
TCN onlineshopは安心してお買い物いただけるよう、様々な特典を用意しております。
初めてで不明点がある場合は、どうぞお気軽にお電話・メールでお問い合わせください。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。