ビタミンB2が欠乏したときはどうするの? | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

ビタミンB2が欠乏したときはどうするの?

カテゴリー:

ビタミンB2欠乏すると、口内炎などの症状が見られるようになります。今回はビタミンB2欠乏症とそのための対処法について学んでいきましょう。 

欠乏症が起こる原因

栄養バランスの崩れ

食事のバランスが乱れると、当然摂取している栄養量も減っていきます。最近ではインスタント食品や加工食品の常食化によって、よりその傾向が顕著になっており、あらゆる栄養素の摂取量も軒並み減少しているデータもあります。

栄養バランスを整えるには、朝食をきちんと食べる、間食をなるべく控える、夜遅くに食べないといったことを遵守する必要があります。もっとも言われただけでできるならば誰も苦労しませんので、一度「負の動機付け」を経験するのが手っ取り早いです。不健康な食習慣を続けていると、大体は吐き気や気分の低迷などを引き起こしますので、それを改善するために遵守しようと思えば比較的簡単にできます(実体験に基づきます)。

【豆知識】

その背景にある「こしょく」

現代では食習慣の乱れの原因の一つに「こしょく」が挙げられます。家庭科の授業で一度は聞いたことはありませんか?3つの「こしょく」について見ていきましょう。

「個食」…家族皆がそれぞれ好きな時間、好きな場所で食事をする

「孤食」…家族がそれぞれに一人でいるときに食事する

「固食」…好きなものばかり食べてしまう

これらは食事面の問題だけでなく、教育面やQOLなどにも関わる深刻な問題とされています。こういった習慣があれば改善することが求められています。

もっともひと昔前のように、家族全員が食卓に揃って「いただきます」ということを勧めているわけではありません。一家長制の時代ならともかく、仕事がやたら長引いたり核家族化が進んでいたりする現代では不向きでしょう。でも、やはり家族がバラバラに過ごすというのも・・・という感じです。

消化器官の不全

ビタミンB2は小腸から吸収され、その後全身に運ばれています。しかし、消化器官が十分に働かずにいると、この一連の代謝がうまくいかずに欠乏症を起こしてしまいます。また肝臓系の疾患や糖尿病でも同様の吸収不良を引き起こします。この状態では他の栄養素も不足しがちですので、一度病院を受診しましょう。

ビタミンB2の欠乏症

口内の炎症

ビタミンB2が不足すると、まず見られるのは口の中のトラブルだと言われています。それらの種類を見ていきましょう。

口内炎 もっともポピュラーな症状です。口の中の一部が腫れて、痛みを伴うこともあります。

口角炎 ビタミンB2不足でよく見られる口内のトラブルです。口の両端が切れやすくなり、出血することもあります。

舌炎 舌が腫れあがり、痛みだけでなく熱を伴うこともあります。

また眼精疲労や充血など目のトラブルを引き起こすこともあります。

肥満

ビタミンB2は脂質の代謝に欠かせない栄養素のため、これが欠乏していると体内で脂質が溜まってしまい、太りやすい体になってしまいます。さらに脂質が過剰に存在しているままだと、やがて酸化して「過酸化脂質」という老化や代謝不全などを引き起こす有害物質になり、体にダメージを与えてしまいます。

肥満状態が続くと、動脈硬化リスクや脳卒中リスクなどが高まってしまいますので、早急な改善が必要です。

欠乏症が現れたときは

ビタミンB2に限らず、欠乏症は軽度の状態であれば、サプリメントなど栄養補助食品でサポートすることも可能です。しかし、重篤化すると栄養素によっては点滴などで対応する必要も出てきます。そのため、症状が軽いうちに対処することが求められています。「何か変だな?」と思ったら、時間を作って病院に行くようにしましょう。診療所であれば大抵はそれほど待たずに診察を受けられます。

関連記事はこちら


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。