ビタミンB2の多い食品 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

ビタミンB2の多い食品

カテゴリー:

健康効果の多いビタミンB2は脂質の健全な代謝に関わる大事な栄養素であり、継続して摂取することで動脈硬化などのリスクを減らすことが出来ると言われています。ビタミンB2を効率よくとれる食品をご紹介いたします。

ビタミンB2の性質について

ビタミンB2とは、ビタミンB群に属するリボフラビンとも呼ばれる栄養素であり、炭水化物、タンパク質、脂質の三大栄養素の代謝をサポートする役割があります。身体を支えるエネルギーに関わる重要な働きを持ち、健全な成長に欠かせない成分となっています。

単体では針状の結晶体で存在し、黄色くわずかににおいを発します。ビタミンサプリメントを飲むと、尿がよく黄色くなるのはビタミンB2の色によるものだと言われています(代謝が進んだことによる燃焼された脂肪だという説もあります)。水溶性ですが、他の水溶性ビタミンと比べて若干溶けづらく、紫外線などの刺激に弱い性質を持ちます。ビタミンB2が入ったサプリメントは外に出さずに暗い場所に保管しておきましょう。

どうやって体内で作用しているのか

ビタミンB2は三大栄養素をエネルギーに変化させる上で欠かせない働きをしています。あらゆる栄養素は体内で代謝する上で酵素や補酵素が必要となります。酵素とは成分の化学変化を助けるために機能する触媒のようなものであり、補酵素はそれを補助する物質です。つまり、酵素や補酵素がなければいくら栄養をとってもエネルギーにならないわけです。

ビタミンB2はエネルギーを生成する補酵素として多くの機能を果たします。例えば、小腸で吸収されたビタミンB2は、血流から全身に運搬されますが、その後全身の重要器官でタンパク質や水素と結びついて、FMNH2とFADH2と呼ばれる補酵素となってエネルギー代謝に作用します。

ビタミンB2の健康効果

成長を促進する

「発育のビタミン」と言われる通り、ビタミンB2は健全な成長を促進する作用があります。細胞の分裂や健康な皮膚や身体をつくるサポートをしますので、成長期のお子様には欠かせない栄養素となっています。

生活習慣病の予防や改善にも役立つ

子どもだけでなく大人にもビタミンB2は良い効果があります。過酸化脂質の分解を促進して、動脈硬化などの生活習慣病リスクを低減させます。

過酸化脂質とは、体内に過剰に溜まった脂質が酸化して有害なものへと変質した物質であり、蓄積すると動脈硬化以外にも多くの症状を併発するおそれがあります。ビタミンB2を摂取することで、脂質が酸化する前に代謝を促し、かつすでに発生してしまった過酸化脂質を分解することで、二重に生活習慣病を未然に防ぐ働きがあります。

ビタミンB2の推奨量と多く含む食品

ビタミンB2は一日に成人男子で1.6mg、成人女子で1.2mg必要とされています。これらを十分に摂るためにとりやすい食べ物を見ていきましょう。

魚肉ソーセージ 0.6mg/100g

手軽にビタミンB2をとれるもっとも有名な食品です。調理もほとんどいらずにビタミンB2を十分摂取することができます。野菜炒めなどでお肉の代用品として使う方もいらっしゃるでしょう。

ただし食塩が多く含まれていますので、食べすぎないようご注意ください。

のり 2.3mg/100g

ご飯に添えるだけで食べられる副菜です。旅館に泊まるとほぼ100%朝食に出てきます。ただしそんなに量は食べられませんので、品数を増やすなどの目的で使いましょう。

納豆 0.5mg/100g

これもご飯に添えて食べられるのが主な食品です。単品だけでも食べられないこともありませんが、私はワンカップが限界です。納豆の風味が苦手な方は、ネギや卵などを入れてマイルドにしましょう。

大人になると食べられない方もいますので、子どものころから食育するのがいいかもしれません。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。