ビタミンB2豊富な野菜と果物 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

ビタミンB2豊富な野菜と果物

カテゴリー:

サプリメントなどの健康補助食品が現代には溢れていますが、基本的に栄養は食事からとるのがもっとも健康的です。そこで今週の流行ワードであるビタミンB2を摂取できる野菜果物についてご紹介いたします。

ビタミンB2の特徴

ビタミンB2はリボフラビン (Riboflavin) とも呼ばれる水溶性ビタミンの一つです。成長に必要な栄養素の一つであり、成長期に不足すると発育不良などが見られます。また皮膚や粘膜を健康に維持する作用もありますので、欠乏すると肌荒れや皮膚炎、あるいは口内炎や口角炎を引き起こすリスクがあります。

水溶性の性質を持つため、食材を調理する際には煮物で食べるのがおすすめです。

ビタミンB2は食材から失われつつある!?

ビタミンB2はエネルギーの健全な代謝に必要な栄養素であり、体を健康に保つ上で欠かせない成分となっています。しかし現代ではビタミンB2を食べ物からとるのはなかなか難しくなっていると言われています。それは、食材が工場などで加工される際に栄養素が失われやすい環境にあることと、そもそも食材自体に含まれる栄養素の量や質が、土壌の変化などの事情から昔ほど優れていないからだとされています。

そのため、効率的に栄養素を摂取するには成分を凝縮したサプリメントが最適です。必要な栄養素をもっとも作用しやすいように配合されていますので、利便性の高い食品となっています。ただし、サプリメントにも種類がありますので原料や精製方法などを確認してから購入するようにしましょう。成分表や販売元のホームページなどから見ることができます。

助け合いのビタミンB群

ビタミンB2を含むビタミンB群は、それぞれが互いに補うことで体内で作用します。特にビタミンB2を効率よく機能させるためにはビタミンB1ビタミンB6を合わせて摂取するのがいいとされています。ここではそれぞれのビタミンB群を含む野菜や果物と働きについて見ていきましょう

ビタミンB1を含む食材 玄米やグリーンピース、レーズン

ビタミンB1は脳など神経系組織の健全な働きをサポートする作用があります。また疲労回復に役立つ働きがあり、食欲不振や虚弱体質を改善する効果があります。

穀物に多く含まれていますが、特に胚芽部分に集中しているため研ぎの過程でかなりの量が失われます。そのため玄米などから取ると効率的に摂取できます。

ビタミンB2を含む食材 モロヘイヤやしそ、ゆず果皮

ビタミンB2は主に脂質の健全な代謝や皮膚や粘膜の健康維持に役立ちます。美容や発育に欠かせないビタミンであり、不足すると皮膚炎や口内炎などを引き起こします。

ちなみにこれについて調べている最中で、アボガドは果物に分類されることが分かりました。「木になっているかどうか」で野菜と果物を区別すると考えられていますが、実は他にも色々要素があります。農林水産省の定義ではアボガドは「果実的野菜」に分類されるようです。これだけでもかなりの量になりますので、また後日記事にします。

ビタミンB6を含む食品 ニンニクや赤ピーマン、バナナ

ビタミンB6はタンパク質の合成や神経伝達物質の生成に関わる栄養素です。不足すると代謝異常や手足のしびれなどを引き起こします。またヘモグロビンの合成にも欠かせませんので、貧血対策にも有効です。

 

ビタミンB2を含むビタミンB群は、水溶性のため継続的に食事から摂取していくことが肝要です。しかし、前述した栄養素自体の減少に加えて、ストレスや喫煙などの要因によっても一度体内に入った栄養素も少なくなっていきます。栄養を十分摂取するには、食事やサプリメントなどに気を付けるだけでなく、日ごろの生活習慣も大事です。疲れたときには休めるくらいの余裕を作って過ごしましょう。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。