ビタミンC、亜鉛、オメガ3脂肪酸(EPA/DHA)は喘息の症状を効果的に抑える | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

ビタミンC、亜鉛、オメガ3脂肪酸(EPA/DHA)は喘息の症状を効果的に抑える

カテゴリー:

ビタミン

気管支喘息は子供から大人までがかかる慢性的に気道が炎症する病気です。喘息やアレルギー疾患の患者はここ数十年で増え続けており、特に子供たちの発症率が高くなっています。栄養療法は、喘息を含む慢性炎症性疾患の症状を抑えるのに重要な役割を果たします。エジプトで行われた実験で、ビタミンC亜鉛オメガ3脂肪酸(EPA/DHA)の摂取が子供たちの気管支喘息の症状を抑える効果があることが明らかになりました。

ビタミンC、亜鉛、オメガ3脂肪酸(EPA/DHA)は気管支喘息の症状を抑制する

 

実験には、気管支喘息の症状がある7歳から10歳までの子供が参加し、それぞれの子供たちが5つの異なる治療を順に受け、それぞれの段階で、①子供の喘息の症状を評価(C-ACT)、②肺機能検査、③唾液の分析を行います。実験の期間中、子供たちは魚を食べないという条件が課せられました。

 

子供たちが受けた5つの治療

1.  偽薬の期間:偽薬のカプセル

2. オメガ3脂肪酸の期間:トリグリセリドオイル(EPA/DHAを約30%含む)1000mgのカプセル

3. 亜鉛の期間:15mgの亜鉛のカプセル

4. ビタミンCの期間:200mgのアスコルビン酸のカプセル

5. 混合の期間:オメガ3脂肪酸(EPA/DHA)、亜鉛、ビタミンCを含む3つのカプセル

 

実験の結果

①  C-ACTと呼ばれるシステムで子供の喘息の症状を各期間で評価しました。このテストのスコアは0から27までありますが、19以下は喘息の治療効果が低いということになります。このテストの結果、偽薬の期間の子供たちのスコア平均は16.5と低くビタミンC、亜鉛、オメガ3脂肪酸(EPA/DHA)のカプセルを飲んだ治療期間では、22.1まで上昇しました。

②  肺機能検査では、1秒量(FEV1)と、1秒量(FEV1)と努力肺活量(FVC)の比率の測定しました。努力肺活量は最大限に息を吸い込み、強制的に吐き出した空気の最大量を示し、1秒量とは努力肺活量測定の初めの1秒の肺活量を示します。この測定結果では、実験前の数値が(1115.86(FEV1)59.66(FEV1/FVC比率))でしたが、 3つのカプセルを摂取の後は、(1613.33 (FEV1)90.16(FEV1/FVC比率))に改善されました。

③  唾液の分析では、好酸球のスコアが実験前の9.6に比べ、3つのカプセルを摂取した後は、2.97まで減りました。

各調査の結果では、ビタミンC、亜鉛、オメガ3脂肪酸(EPA/DHA)を個別にとった期間でも治療前や偽薬の期間に比べ、スコアの上昇が見られましたが、3つのカプセルを一緒に摂取した方がより効果があることが分かりました。

 

 

ビタミンC・亜鉛・オメガ3脂肪酸(EPA/DHA)の効果

 

ビタミンC

 

ビタミンCは、細胞内外の肺の流動体の抗酸化物質であり、フリーラジカル消去剤です。ビタミンCのサプリメントを飲むことや、ビタミンCの豊富なフルーツを食べることで、肺機能を改善することが知られています。ビタミンCの抗酸化作用は、酸化ストレスを減らし、細菌やウイルスなどの攻撃から肺を守ります。また、ビタミンCを取ることで、喘息の症状である気道の収縮などの症状が改善されます。

 

亜鉛

 

亜鉛は、免疫耐性を維持する重要な要素で、DNAやタンパク質合成に重要な役割を果たし、重要な酵素システムや、細胞・組織の発達に対し、補助因子として関係します。亜鉛の抗酸化作用は肺を保護し、唾液中の好酸球を減らし肺の上皮のダメージを防ぐ効果があります。臨床研究より、喘息の子供たちの血清中の亜鉛が少ないことが分かっており、亜鉛の摂取が気道の炎症など、喘息の症状を改善します。

 

オメガ3脂肪酸(EPA/DHA)

 

魚から採れる脂肪油の摂取は、肺の機能を改善し喘息の患者に効果があると言われています。まぐろや鮭など油の強い魚をよく食べる民族は、喘息患者が少ないという研究データもあります。オメガ3脂肪酸(EPA/DHA)は、気道の炎症に関係する、好酸球、インターロイキン1B、ロイコトリエンC、ロイコトリエンE、プロスタグランジンD2を抑制しました。オメガ3脂肪酸(EPA/DHA)の持つ抗炎症作用で肺の機能を改善し、喘息の症状を抑えることが可能です。

 

まとめ

ビタミンCの抗酸化作用と、亜鉛とオメガ3脂肪酸(EPA/DHA)の抗炎症性作用の3つが合わさると、喘息の症状を効果的に抑えます。これらのサプリメントを飲むことや、EPA/DHAの多く含む魚、亜鉛を多く含むチーズやレバー、ビタミンCの豊富なフルーツなどを普段の栄養素に取り入れてみてはいかがでしょうか。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。