ビタミンCを豊富に含むアセロラのしみ防止効果 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

ビタミンCを豊富に含むアセロラのしみ防止効果

カテゴリー:

アセロラ

中央アメリカと南アメリカの北部で生産されるアセロラは高い酸化防止特性を持ち、フェノール成分を豊富に含む機能性果物で、健康促進の為に世界中で食べられています。アセロラは高濃度のビタミンC、カロテノイド、ポリフェノール成分が含まれており、これまでの研究で、抗変異原活性、血糖上昇抑制効果、抗炎症効果が確認されています。そして、アセロラには紫外線による肌のダメージを抑制する効果があり、日差しが強くなるこれからの時期にもってこいの果物です。

ビタミンCが豊富なアセロラは紫外線によるしみを防止できるのか

 

日本で行われたねずみを使った研究では、アセロラジュースが紫外線によって引き起こされるしみを抑える効果があるのかを調査しました。実験は、①ビタミンCを含まない水を摂取するねずみ、②生理学的に十分なビタミンC(1.5g/L)を含む水を摂取するねずみ、③1.67%のアセロラジュースを摂取するねずみに分けて行われました。UVBの照射は週3回行われ、実験は6週間続けられました。背部皮膚の色と上皮角質層の含水量が毎週測定され、実験後に皮膚のビタミンC濃度が測定されました。

 

組織学的な皮膚の分析

 

アセロラジュースの摂取による皮膚の組織学的に変化を調査する為にHE染色を行い、全てのねずみの上皮の厚みを測定しました。通常の皮膚は、慢性的にUVBを照射されるとUVBによるDNA損傷から基底のケラチン生成細胞を守る為に表皮過形成を誘発します。ビタミンCとアセロラジュースのグループでは表皮過形成が見られました。しかし、ビタミンCを摂取していない水のグループは表皮過形成を示しませんでした。また、ビタミンCを含まない水のグループでは大きな皮膚色素沈着が確認されましたが、ビタミンCのグループとアセロラジュースのグループはわずかな沈着が見られただけでした。表皮の厚みは、ビタミンCとアセロラジュースのグループに比べてビタミンCを含まない水のグループで著しく薄くなったことが分かりました。

 

上皮角質層の含水量

 

慢性的なUVB照射は、スキンバリア機能障害の原因になり、上皮角質層の含水量を減少させます。実験では、UVB照射により3つのグループ全ての上皮角質層の含水量が徐々に減少しました。しかし、6週目のビタミンCグループとアセロラジュースのグループの含水量は、ビタミンCを含まない水を飲んだグループに比べ著しく高かったことが分かりました。

 

UVBに誘発される皮膚の色素沈着

 

皮膚の明るさはビタミンCを含まない水を飲んだねずみのグループとビタミンCを含んだ水のグループで徐々に減少しました。実験前の皮膚と比較して、ビタミンCを含まない水のグループではUVB照射の2週目で大きな変化が表れましたが、ビタミンCのグループでは3週目と5週目で変化が表れました。アセロラジュースのグループでは、実験期間を通して皮膚の色の大きな変化は見られず、他に2つのグループのねずみの皮膚に比べ明るいままでした。ビタミンCのグループは水のグループに比べると皮膚の明るさは高いままでした。

 

日焼け防止

まとめ

 

アセロラジュースとビタミンCはUVBが原因でできる皮膚のしみを防ぐ働きをすることが分かりました。これから夏にかけて紫外線が強くなる時期は、ビタミンCが豊富に含まれるアセロラジュースなどをうまく取り入れて、しみ防止対策を行いましょう。

 

 


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN onlineshop  
蜂蜜製品・健康食品で健康・美容をサポート。
TCN onlineshopは安心してお買い物いただけるよう、様々な特典を用意しております。
初めてで不明点がある場合は、どうぞお気軽にお電話・メールでお問い合わせください。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。