ビタミンC配合の美容液の効果について | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

ビタミンC配合の美容液の効果について

カテゴリー:

ビタミンCと言えば健康だけでなく美容にもいい成分として有名ですよね。今回はそんなビタミンC効果や、話題になっているビタミンC美容液効果についてご紹介していきます。

ビタミンCの効果とは?

そもそも、ビタミンCが美容効果をたくさん持っているのは有名なことです。

具体的にどのような効果があるかというと、肌のシミやくすみを改善したり、ニキビや毛穴の黒ずみなどの改善、皮脂分泌の抑制など様々で多岐にわたります。

もっとも有名なのはニキビやニキビ痕に対する効果ですが、実はニキビができる正確な理由は判明していません。ですがニキビができる要因は判明しているのでそれを取り除くことができればニキビ予防につながります。その点ビタミンCは過剰な皮脂の分泌によって毛穴が広がってしまいゴミが入ってニキビができてしまうのを防いでくれるのです。

また、精神的な面からもビタミンCがニキビの原因の一つであるストレスを抑制する効果があることがわかっています。

また、最近の研究ではニキビができる要因の一つとして、毛穴の周りに活性酵素が集まってしまうからということが判明しました。ビタミンCにはこの活性酵素を無毒化してニキビを改善する作用があるのです。

ビタミンC誘導体とは?

先述したようにビタミンCは美容効果の高い女性にとって頼もしい成分ではありますが、ビタミンCの成分自体がとても弱くもろいものなので化粧品などに加工する際は、その効果のほとんどが失われてしまうという弱点があります。

その弱点を克服して何とか美容効果を得ようと改良されたものがビタミンC誘導体なのです。

これはあくまで例え話ですがビタミンCをそのまま肌に塗ったとしても、ビタミンCそのままでは成分が崩れやすいためそのほとんどが肌に浸透していきません。

それに対してビタミンC誘導体は成分自体の強化はもちろん、肌への浸透力も改良されて高まっており、さらには皮膚への浸透後にビタミンCに変化するという成分なのです。

ビタミンC誘導体の種類

ビタミンC誘導体には3種類があり、その性質で水溶性、油溶性、両性に分類できます。

それぞれの特徴は、水溶性は皮膚への浸透が非常に早く化粧水や美容液に主に配合されていて、リン酸型ビタミンCやアスコルビン酸グルコシド、アスコルビルエチルなどと呼ばれます。

油溶性は元々の性質が水溶性のビタミンCに油分を結びつけたものです。簡潔に言えば水と油が混ざったようなもので、クリームなどに配合されるのが主となっていますテトラヘキシルデカン酸アスコビルステアリン酸アスコビルなどとも呼ばれます。

両性のビタミンC誘導体は上記二つを合わせたもので肌への浸透力が3種類の中で最も高いものです。アスコルビン酸-2やリン酸-6パルミチン酸(APPS)などとも呼ばれています。

ビタミンC誘導体の効果

化粧品コーナーに行けばたくさん見かけるビタミンC配合商品の文言ですが、実際にはどのような効果があるのでしょうか?

ビタミンC誘導体には体の錆つきを抑制する、抗酸化作用があるのでアンチエイジングにも効果が期待できますし、新陳代謝を促進したり、できたメラニンを元に戻して色素が皮膚に沈着するのを防ぐ作用、肌のきめを整えて肌をなめらかにする作用、皮脂の過剰な分泌を抑制してコントロールする作用などたくさんの効果が期待できます。

ですが、いくらたくさんの美容効果を期待できるからと言って使いすぎには注意が必要です。皮脂の分泌を抑えるので乾燥肌の人には刺激が強すぎるかもしれません。

どんなことでもまず美容ケアをするには、自分のお肌のことをきちんと理解してからうまく付き合っていくようにしましょう。

関連記事はこちら


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。