ビタミンC、ビタミンB12、オメガ3は鉛毒性による記憶障害を緩和する | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

ビタミンC、ビタミンB12、オメガ3は鉛毒性による記憶障害を緩和する

カテゴリー:

鉛毒性

は重金属類に属する環境汚染物質と考えられています。急性または慢性的な鉛への接触は人間の器官の生理学的機能に悪影響を及ぼします。鉛暴露による最も重要な障害は神経毒性です。神経毒性は記憶障害など神経行動学的障害が含まれますが、これらは活性酸素種(ROS)の生成の増加や細胞の酸化防止能の低下により大きく影響されます。よって、ビタミンCビタミンB12魚油(オメガ3)などの抗酸化物質を摂ることで鉛毒性による障害が軽減されると考えられます。

鉛毒性とは?

 

鉛は非常に強い毒性のある主要な環境汚染の原因になる物質です。鉛汚染はペンキ、グレーズドセラミック、水、食物容器、たばこ、化粧品などの異なる物質から引き起こされます。慢性的な鉛への暴露により鉛が骨、筋肉、肝臓、腎臓、造血システム、脳に蓄積され、毒性症状を誘発します。神経毒性は鉛暴露によって起こる中枢神経系及び末梢神経系に関係する障害です。鉛による神経毒性は広範囲に及ぶ神経系の構造や行動の変化を引き起こします。認知障害は鉛神経毒性が原因で起こる一般的な障害の一つです。

 

人間に必要な酵素活性、グルタミン酸のような受容体、アセチルコリンのような神経伝達物質、カルシウム恒常性、DNAの損傷が鉛毒性のメカニズムと考えられますが、活性酸素種(ROS)の生成の増加と細胞の酸化防止剤能の抑制は鉛によって誘発された構造的、行動学的神経毒性で中心的役割を果たします。細胞の酸化防止能の抑制は、細胞膜、DNA、他の高分子の健全性を永久的に損ない、最終的に神経変性の影響として知られる細胞死の原因になります。したがって、酸化防止剤の摂取は、鉛毒性による神経のダメージを防止する効果があると考えられます。

 

ビタミンC

鉛によって誘発された記憶障害はビタミンC、ビタミンB12、オメガ3の摂取で緩和されるのか

 

イランで行われた研究では、ビタミンC、ビタミンB12、オメガ3、もしくはそれらの混合物の摂取で鉛により誘発された記憶障害を緩和できるのかを調べる実験が行われました。実験ではねずみに、1日ビタミンC(120mg/kg)、ビタミンB12(1mg/kg)、オメガ3(1000mg/kg)またはそれらの混合物を3週間投与したのち、酢酸鉛(15mg/kg)を1週間注射し、ビタミンを摂取せずに酢酸鉛を注射したねずみの空間認知力と比較しました。ねずみの記憶力は物体認識試験により評価しました。通常ねずみは慣れている(古い)場所より新しい場所を探求する時間が長くなりますが、物体認識試験で、酢酸鉛を注射したねずみは慣れた場所と新しい場所の探求時間の差が対象グループと比べ少ない結果になりました。これは酢酸鉛により古い物体への記憶が低下した為と考えられます。しかし事前にビタミンC、ビタミンB12、オメガ3、それらの混合を摂取していたねずみは鉛により誘発される記憶の低下を著しく抑えたことが分かりました。また、それぞれのサプリメントによる効果に大きな差は見られませんでした。

 

まとめ

 

上記の調査でビタミンC、ビタミンB12、オメガ3のサプリメントの摂取は酢酸鉛により誘発される記憶障害を緩和させる効果があることが分かりました。産業の発達に伴い世界中で鉛暴露による神経毒性が増加しています。鉛毒性は中枢神経に対し最も有害な影響を及ぼします。普段からビタミン、オメガ3脂肪酸が不足しないように摂取し、体内の酸化防止能を上昇させ、鉛毒性から身体を守りましょう。

 

 

 




TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN onlineshop  
蜂蜜製品・健康食品で健康・美容をサポート。
TCN onlineshopは安心してお買い物いただけるよう、様々な特典を用意しております。
初めてで不明点がある場合は、どうぞお気軽にお電話・メールでお問い合わせください。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。