ビタミンCを食べ物からとるには | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

ビタミンCを食べ物からとるには

カテゴリー:

かつてビタミンCは壊血病という当時人々の命を脅かしていた奇病を治癒する奇跡の栄養素でした。そんなビタミンCはどんな食べ物に含まれているのか。そしてどのように身体の中で役立つのでしょうか。

ビタミンCのトリビア~大航海時代の救世主~

ビタミンCは別名L-アスコルビン酸として呼ばれ、もとは壊血病の治療に役立つ薬として発見された水溶性ビタミンです 。ビタミンCが科学的に発見されたのは20世紀の時代からですが、ビタミンC自体は壊血病が流行していたイギリスの大航海時代(15~18世紀ごろ)の最中に見つけられていました。

そのころの世界は自分たちの知らない未知の世界を見てみたいという人間の思いが強かった時代であり、新天地を求めて海に旅立つ猛者がイギリスには多く見られていました。長い時間をかけて海を渡り、見知らぬ土地を探し求める者たちが次々と広大な海へと飛び出していきました。

しかし、飛行機や自動車が広く使われている現代日本ではピンとこないかもしれませんが、そのころの船旅はまさに地獄と言われています。いつ終わるかも分からぬ旅に、逃げ場のない海。尽きていく食料に娯楽もない環境は強い人間の意思も擦り減っていきました。寝る場所もなく、空間に居住区をつくるために網を張ってそこを寝床にしていたと言われています。これがハンモックです。オシャレなイメージがありますが、もとは船乗りの苦肉の策から生まれたものでした。私も使ってみたことがありますが、すごく背中が痛くなります。そもそもバランスをとるのがすごく難しいです。少し重心がズレただけでひっくり返ってしまいました。使ってみたいときは、周りや下に家具などを置いておかないよう気をつけてください。

そこでよく見られていたのが壊血病という恐ろしい病気です。当時は原因不明の奇病とされており、一度かかると出血が止まらなくなってしまうという致死性のものでした。かの有名なヴァスコ・ダ・ガマの航海でも、160人いた乗組員のうちなんと96人が壊血病により死亡したと言われています。

この壊血病を解決する糸口は、一個のオレンジからでした。ある航海において、途中の町でオレンジを手に入れて食べてみたところ、壊血病患者の容体が回復したことから治療に効果があるのではないかと言われるようになりました。それからかなり経った1919年に、イギリスのドラモンド氏が発見したその成分を「抗壊血病因子」と名付けられ、のちにそれがビタミンCだと言われるようになりました。

体内で作られない成分

ほとんどの哺乳類は、ブドウ糖を材料にして体内でビタミンCを合成できますが、人間はそれに必要な酵素を持っていないため体内で合成できません。そのため、食べ物やサプリメントからビタミンCを摂取しなくてはならず、水溶性の栄養素のため体内に長く留まらず継続して摂取する必要があります。

食材から摂取する場合はアセロラやキウイ、あるいはパプリカやほうれん草などが効率よく摂取できます。特にアセロラがケタ違いに多いため、アセロラを使ったドリンクなどを飲むだけで十分すぎるほどの量をとることができます。

身体の様々なところで役立つビタミンC

人はストレスを感じると、副腎からアドレナリンをはじめとする副腎皮質ホルモンを分泌します。これらのホルモンによって、血糖値を上昇させてエネルギーを生み出し、ストレスへの抵抗力を増加させます。ビタミンCはこの副腎皮質ホルモンの分泌において補酵素として必要とされており、対ストレス効果もあると言えます。

 

またアルコールの分解にも役立ちます。体内に入ったアルコールはアセトアルデヒドに分解され、やがて無害な酢酸にまで変化します。アルコールやアセトアルデヒドは二日酔いなどの原因となり、これらの分解が遅れると身体に悪影響を及ぼします。ビタミンCはアセトアルデヒドを酢酸に変化させる手助けをしますので、二日酔いにも役立つというわけです。

参考記事:『ビタミンCで風邪を治すには』


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。