妊娠初期や妊活にはビタミンE | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

妊娠初期や妊活にはビタミンE

カテゴリー:

妊婦

妊娠初期に良いとされる栄養素はたくさんありますが、ビタミンEは中でも非常に重要な役割を果たすとされています。そのため、妊活を行う女性へは積極的な摂取が進められているのです。果たして、ビタミンEは妊娠初期や妊活においてどのような効果が期待されているのでしょうか?

ビタミンEの効果とは?

まず、ビタミンEには血行を促進させる働きがあるといわれています。また、活性酸素を除去するなどの抗酸化作用が最も高いのが、このビタミンEだといわれているのです。そのため、ビタミンEは若返りのビタミンとも呼ばれているのです。さらに、ビタミンEにはホルモンバランスを整えてくれる効果も期待されています。

妊娠初期にビタミンEが必要とされる理由は?

では、このビタミンEは妊娠初期において、どのような影響を与えるのでしょうか?妊娠初期は、赤ちゃんにたくさんの栄養を送らなくてはなりません。体内の血流が良くなると、たくさんの栄養を赤ちゃんへと送ることにつながります。また、サラサラの血液は酸素も十分に運んでくれますので、胎内の赤ちゃんにとっても非常に心地よい環境となるのです。

また、ビタミンEはホルモンバランスも整えてくれる働きがあるとされていますので、妊娠初期のホルモン状態を安定させることにもつながります。ホルモンバランスが乱れると、おなかの中の赤ちゃんだけでなく、お母さんの体調不良やつわりの原因にもなりがちです。ビタミンEはこのような妊娠中のトラブル防止においても効果が期待できるのです。

妊婦

妊活にもビタミンEは役に立つの?

ビタミンEは妊娠中だけではなく、妊娠を希望される女性にとっても嬉しい働きがあります。ビタミンEは「子宝ビタミン」とも呼ばれており、妊活力を高めると注目されているのです。ある研究によると、ビタミンEを摂取することにより、子宮内膜の質が向上して着床率が高まったという報告もあります。

また、ビタミンEは抗酸化作用が高い栄養素としても知られています。これにより、卵子の老化を少しでも抑え、妊娠へとつなげていくとも考えられています。高齢になるとともに、卵子は酸化をして徐々に老化してしまうことがわかっています。現代の医学では、この卵子を若返らせることは難しいといわれていますが、少しでも老化を遅らせることはできます。ビタミンEはこの卵子の老化防止に効果的だといわれているのです。

さらに注目したいのは、ビタミンEのもつ血行促進効果です。血行が促進されると、体が温まり冷え性などの改善にもつながります。体が冷えている女性は、なかなか妊娠しにくい傾向にあるとも言われていますので、この点においても非常に妊活力を高める効果が期待できるのです。

ビタミンEにはホルモンバランスを整えてくれる働きもあるため、生理不順や無排卵などの改善にもつながります。その上、基礎体温の安定などにもつながりますので、さまざまな面で妊活に役立つ栄養素となるのです。

まとめ

このように、ビタミンEは妊活や妊娠初期において重要な役割を果たしてくれます。毎日の食事においても、意識をして摂取をするなどし、上手く活用していくようにするとよいですね。食事で補えれない場合はサプリメント等で効率よく摂取するのも一つの方法です。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。