しもやけに効くビタミンE豊富な食材 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

しもやけに効くビタミンE豊富な食材

カテゴリー:

しもやけというと、冬になるイメージですが冷たい水で作業をしていると、どの季節でもなることがあります。今回はしもやけに効くビタミンEを豊富に含む食材と、しもやけへの対処法について見ていきましょう。

しもやけの原因

しもやけは主に寒さや冷えによって引き起こされます。寒い外気に触れたり、冷たい水で長時間作業したりすることで、手足の血流が悪くなってかゆみなどの症状が現れます。一日の気温差が激しくなる冬の時期に症状が現れやすくなり、寒い外から部屋に入って暖房に当たるときに、急激に血流が良くなることで起こります。外にいるときだけでなく、急に温めた場合にも起こりますので、徐々に温度に慣らしていくのが大事です。

主な症状と対処方法

しもやけには手足などが部分的に赤くなるものと、手足全体が腫れるものの2つの場合があります。

部分的に赤くなるしもやけは、発疹やかゆみなどを伴います。手足全体が腫れるしもやけは、成人女性によく見られるものであり、重症化する可能性もありますので、初期治療が肝心です。

前者のしもやけは、幼児によく見られるものです。ドラッグストアなどで売られている軟膏やしもやけ用の薬で十分対応できます。後者のしもやけも同様の処置で大丈夫な場合もありますが、できれば皮膚科できちんと治療してもらうのが良いでしょう。前者の軽いしもやけも効果がなければ病院に行って診てもらいましょう。

自宅でできる対処法

部屋を暖かくする

しもやけの最大の原因は寒さとそれから来る手足の冷えです。部屋に暖房をいれて、冬頃であれば20℃以上に保ちましょう。また便利なのがお風呂です。最近では家風呂が主流なので、帰り道に身体を冷やさなくて済みます。風呂から上がったら、手早く身体を拭いて服を着て、布団の中で温まるのが良いでしょう。便利な時代になったものです。

ハンドクリームを使う

水作業に欠かせないのがハンドクリームです。あらかじめ手などに塗っておくと、水を使ってもある程度ひび割れなどを防げます。

手のひらに塗る方が多いですが、甲の側にも入念に塗っておきましょう。冷気はむしろ甲の方によく当たります。またドラッグストアなどで買われる方も多いですが、防腐剤などが入っている製品も多いのでできれば皮膚科でハンドクリームを処方してもらうのをおすすめします。

食事による療法

ビタミンEを摂取することで、しもやけを防げると言われています。ビタミンEには血流を促進する効果があり、加えて毛細血管を広げる働きがあることから、しもやけ対策に役立つと言われています。

ビタミンEはナッツ類や油に豊富に含まれています。アーモンドやヘーゼルナッツ、ひまわり油や菜種油などが多いです。これらの食材を摂取して、しもやけに負けないお肌を作りましょう。

ナッツ類を食べるときは、少量でもハイカロリーですので食べすぎないよう注意しましょう。アーモンドはアイスにするとすごく美味しいです。

しもやけを予防するには

外出や水を使った作業など、寒い時期にしもやけになることはほぼ不可避ですが、対策をしておくと少しはマシになります。

手袋や毛糸の帽子などを使って、外に出るとかなりマシになります。凍てつくような時期にそのままの状態で出歩くと感覚すらもなくなりますが、直接外気に触れないだけで十分しもやけの予防になります。

靴下をはくという意見をよく耳にしますが、血流が妨げられるのであまりおすすめはしません。厚手の靴を履く方が良いように思われます。

また意外にマスクが重宝されます。大体が薄い生地のものですが、顔が外気に触れないだけでかなり寒さを防げます。さらに寒い時期によくある風邪やインフルエンザ対策にもありますのでおすすめです。

関連記事:『ビタミンEを効率的にとる食べ物とレシピのご紹介』


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。