ビタミンEサプリメントのダイエット効果・摂取の注意点② | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

ビタミンEサプリメントのダイエット効果・摂取の注意点②

カテゴリー:

今回は前回に引き続き、なぜビタミンEサプリメントダイエット効果があるのか、そしてサプリメントを摂取する際に知っておきたい注意点を詳しくみてみましょう。

前回の記事

前回は、ビタミンEサプリメントを飲んで得られるダイエット効果1つめ、筋肉に対する働きをご紹介しました。ビタミンサプリメントとして人気のビタミンEは、栄養素としての効果、そして抗酸化物質としての効果があります。

ビタミンEサプリメントのダイエット効果・摂取の注意点①

抗酸化物質としての働き

栄養素として筋肉に働くビタミンEの効果の次に、抗酸化物質としての働きに注目しましょう。

ビタミンEは抗酸化物質として、子どものてんかんや貧血の治療に効果があるとされています。また、大人の関節炎やアルツハイマーの治療にも有効な効果が確認されています。ビタミンEと共に、ビタミンCサプリメントを摂取する事で、日焼けによる炎症を緩和したり、目の健康の改善、糖尿病によって起こりやすい合併症を予防、そして月経によって生じる痙攣を減少させる効果があるそうです。メリーランド大学メディカルセンターによると、その他にも、ビタミンEには心臓病のリスクを軽減する効果が期待できるという事です。

ビタミンEの源と栄養不足

ビタミンEは、例えば色の黒い野菜や、緑の葉物野菜、ナッツ類やアボカドなど様々な食材に含まれています。動物性のビタミンEは、卵やレバーなどが代表的です。ビタミンEが体内に不足する事で、関節炎や、うつ病、そして女性においては子癇前症(しかんぜんしょう)など様々な合併症が生じるとされています。また、ビタミンEの不足によって生じる健康症状は、筋力が弱くなる、筋肉の減少、視界がぼやける、また視力の低下などがあります。また長期的にビタミンEが足りていない場合、肝臓や腎臓に合併症を引き起こす可能性があります。

過剰摂取による毒性

ビタミンEサプリメントや、ビタミンEを含む食品を、食事の中で過剰に摂取した場合、特に血液希釈剤を投薬していると合併症が生じる危険性があります。また、ビタミンEを過剰摂取することで、呼吸器官に生じた感染症を悪化させる可能性があります。他にも、化学治療や放射線治療、うつ病や精神病、そして糖尿病に用いられる薬との飲み合わせによって、悪い影響が生じる可能性があります。もし、現在投薬している、もしくは持病があり、ダイエット目的や、その他のビタミンEの健康効果を得るために、ビタミンEサプリメントの摂取を検討しているのでしたら、合併症や持病の悪化を防ぐためにも必ず医師に相談するようにしましょう。

まとめ

前回の記事では、ビタミンEがどの様にダイエット効果をもたらすのかに注目しました。

今回は、ビタミンEの健康効果として有名な抗酸化物質としての効果、そしてビタミンEサプリメントを摂取する上で知っておきたい注意点をご紹介しました。サプリメントを摂取する際には、現在飲んでいる薬と飲み合わせが悪くないか、医師や薬剤師に必ず確認しましょう。

Weight Loss and Vitamin E

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

※当サイト内の全てのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するように努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性・安全性・最新性等を保証するものではありません。また、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承くださいませ。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る