夏が旬なのに冬瓜? 栄養や健康効果は? | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

夏が旬なのに冬瓜? 栄養や健康効果は?

カテゴリー:

冬瓜

 

夏になると、スーパーや八百屋さんで見かける円筒形や丸型などの形をした緑の野菜「冬瓜」。なぜ夏が旬なのに冬瓜という名前がつけられているのか不思議に思ったことはありませんか? 今回は、冬瓜の名前の由来や栄養、皮まで美味しく食べられるレシピなどを紹介します。

 

夏野菜なのに、なぜ「冬瓜」という名前なの?

 

冬瓜は6月から9月頃までが旬とされる夏野菜です。夏野菜なのに、冬の瓜と書くのは何故でしょうか。

 

夏に収穫された冬瓜を暗く涼しい場所で保管をしておくと、冬まで貯蔵が出来ることからこの名が付いたとされています。

 

冬瓜はほとんどが水分なので、低カロリーでダイエットにも最適です。また、淡白な味ではありますが、食感が良く煮物やスープなどに用いられています。

 

皮につく白い粉は美味しい証拠

 

冬瓜の皮の表面に白い粉が付いているのをご存知でしょうか。この正体は、ぶどうでもよく見られる「ブルーム」と言われるものです。ブルームで覆われている冬瓜はよく熟して美味しいものとされています。但し、品種によってはブルームが付いていないものもあります。

 

スーパーや八百屋さんで最近見かける冬瓜は緑鮮やかな物ばかりでブルームが付かない品種なのです。また、お店によってはブルームを落としてから店頭に並べてしまうケースもあります。このような品種の場合は、綺麗な緑で表面に傷がなく、ずっしりと重い物を選ぶと良いでしょう。

 

最近では、調理しやすいように予めカットされているものがあります。その際の選ぶポイントを紹介します。

 

<カットされている冬瓜を選ぶ場合のポイント>

 

  • 切り口がみずみずしい
  • 変色していない白いもの
  • 種の部分までギッシリと詰まっているもの

 

色が黄色く変わっていたり、種の周りがスカスカしていたりするものは美味しくありませんので、注意して選ぶようにして下さいね。

 

薬膳料理にも使われる冬瓜の優れた栄養素とは

 

冬瓜は奈良時代から存在しており、古くから日本でも食されていました。また、薬膳料理にも使われているほど健康にも良いとされています。

 

また、成分のほとんどが水分でありながら、バランスの取れた食物繊維やビタミンCが含まれているため低カロリーなダイエット食としても人気のある野菜です。

 

冬瓜の優れた栄養素とその効果について探ってみましょう。

 

■カリウムで高血圧とむくみ予防

 

カリウムが豊富な冬瓜。茹でた冬瓜100gあたりにカリウムは200mgも含まれています。体内の不要なナトリウムの排出をサポートしてくれるカリウム。カリウムは汗や尿で体内から排出されますが、それと同時に同等のナトリウムも排出されるため高血圧予防につながります。

 

また、体内に溜まった老廃物も外へ出してくれるため手足の浮腫み予防にも最適な野菜です。暑い夏場は、塩分や水分を頻繁に補給する傾向があるため、上手に代謝できないと血圧が上がったり手足が浮腫みやすくなったりします。冬瓜を食べて体内の無駄な老廃物を外へ出しましょう。

 

■低カロリーでバランスの取れた食物繊維はダイエットに最適

 

95%以上水分でできているため、100gあたり16kcalと低カロリーでヘルシーな冬瓜。歯応えもあるため満腹感も得られます。そして、糖分の吸収を抑え脂肪の蓄積を予防する「サポニン」も含まれていますのでダイエットに最適と言えるでしょう。

 

また、水に溶けない食物繊維と溶ける食物繊維の割合が2:1とバランスが良く、便秘解消に非常に効果的です。このように食物繊維のバランスが優れた食材はなかなかありません!酷い便秘に悩んでいる方は是非、冬瓜を食べてみて下さいね。

 

■コラーゲンの生成に欠かせないビタミンCが豊富

 

美肌には欠かせないビタミンCも豊富な冬瓜。シミやソバカスの原因とされるメラニン色素の生成を抑えたり、お肌の弾力の元であるコラーゲンを生成したりするのに欠かせません。紫外線が多く降り注ぐ夏に夏野菜を食べることはとても合理的なことなのです。冬瓜を食べてシミやシワを予防しましょう。

 

冬瓜

 

冬瓜の青臭さを和らげる正しい下処理方法と保存方法

 

スーパーや八百屋さんでよく目にする冬瓜は緑鮮やかな品種が多いです。緑が濃い野菜はどうしても青臭い物が多いですよね。この青臭さが好き嫌いのきっかけになったり、冬瓜の美味しさの邪魔をしてしまったりするのでしっかりと下処理をすることが大切です。

 

また、冬瓜は保存が長くきく野菜とされていますが、適切に保存する必要があります。そこで、冬瓜の下処理のコツや正しい保存方法を紹介します。

 

■美味しく食べるための下処理のコツ

 

  • 皮は厚く剥きすぎない……緑色を少し残す程度の厚さにピーラーで剥いてみましょう。厚く剥いてしまうと煮崩れしやすくなり、せっかくの歯ごたえが台無しになってしまうので注意しましょう。
  • 種とワタを取り除く……適当な大きさに切り、種とワタを取り除きます。残しすぎてしまうと煮崩れしてしまうのでしっかり取るようにして下さいね。
  • 皮側に4ミリ程の隠し包丁を入れる……皮に格子状に隠し包丁を入れます。すると出汁などの味が染み込みやすくなります。もし、余裕があれば、周りを面取りしておくと煮崩れを防げるのでオススメです。
  • たっぷりのお湯で4〜5分下茹でする……たっぷりのお湯で下茹ですると青臭さを和らげることができますよ。

 

■冬までもつの? 冬瓜の保存方法

 

<まるごとひとつの冬瓜を保存する場合>

 

  • 温度13〜15℃、湿度70〜75℃を一定に保てる風通しの良い冷暗所
  • キッチンペーパーとラップで包み冷蔵庫の野菜室で保管

 

冷暗所の場合は6か月ほど、冷蔵庫の場合は長くて3か月ほど保管が出来ます。

 

<カットされた冬瓜を保存する場合>

 

  • 皮は取り除かない
  • ワタと種を取り除く
  • キッチンペーパーとラップで包み冷蔵庫の野菜室で保管

 

保存目安は五日程ですが、変色する前に早めに使いましょう。冷凍する際は、皮とワタ、種を取り除き食べやすい大きさにカットします。保存袋に入れて冷凍室で1か月ほど保存が可能です。

 

冬瓜

 

暑い夏を乗り切る冬瓜レシピ

 

今年の夏は本当に暑いですね。冬瓜には身体の熱を冷まし、喉の渇きを潤してくれるほど水分が豊富です。冬瓜を食べて厳しい夏を乗り切りましょう!

 

■冬瓜の豆乳冷製スープ

 

【材料】

 

  • 冬瓜 ……1/4個
  • 玉ねぎ ……1/2個
  • オリーブオイル…… 大さじ2
  • ブイヨン ……1個
  • 水 ……150ml
  • 豆乳…… 150ml
  • 塩、ブラックペッパー ……少々
  • ドライパセリ…… 適量

 

【作り方】

 

  1. ①   冬瓜の下処理をして、玉ねぎは薄切りにカット。
  2. ②   鍋にオリーブオイルを入れ、玉ねぎが透明になるまで弱火で炒める。
  3. ③   ②に冬瓜を入れ全体にオイルが絡むまで炒める。
  4. ④   ③に水とブイヨンを入れ弱火で冬瓜がやわらかくなるまで煮込む。
  5. ⑤   冬瓜がやわらかくなったら、火を止めハンドミキサーで攪拌。
  6. ⑥   豆乳、塩、ブラックペッパーを入れよく混ぜ、軽く火にかける。
  7. ⑦   粗熱が取れたら冷蔵庫へ保管。よく冷えたら取り出し、ドライパセリを振ったら完成。

 

玉ねぎの甘さと冬瓜のサッパリ感がよく合いますよ。また、夏バテ気味の身体にオススメの一品です。

 

■冬瓜の皮のきんぴら

 

【材料】

 

  • 冬瓜の取り除いた皮
  • 人参 ……1/2個
  • ツナ缶 ……1缶
  • ごま油 ……大さじ1
  • 砂糖…… 大さじ1
  • 醤油 ……大さじ2
  • みりん…… 大さじ1

 

【作り方】

 

  1. ①   冬瓜の皮と人参を千切りにカット。ツナ缶は油を切っておく。
  2. ②   熱したフライパンにごま油を入れ、①の冬瓜の皮と人参を炒める。
  3. ③   ②に火が通りしんなりとしたらツナを入れる。
  4. ④   砂糖、醤油、みりんを入れ、よく絡んだら完成です。

 

薬膳料理では、冬瓜の皮やワタ、種まで食します。皮には栄養が豊富に含まれていますので、捨てずに使ってみて下さいね。

 

冬瓜

 

 まとめ

 

冬まで貯蔵でき保存性の高い冬瓜ですが、美味しく食べられるのはやはり旬の夏です。今年の暑さは厳しく、熱中症や夏バテが早い段階から起こっています。冬瓜は水分が多く喉の渇きを潤してくれる上、食物繊維やビタミンCなど身体に良い栄養素が含まれています。

 

これから続く暑い夏を乗り越え、元気で楽しい夏を過ごすためにも「冬瓜」はオススメの野菜です。

 

【執筆】野菜ソムリエ:大塚 由布子

 

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

※当サイト内の全てのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するように努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性・安全性・最新性等を保証するものではありません。また、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承くださいませ。




TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

ページトップへ戻る