亜鉛の過剰摂取による副作用:胃腸系の問題や銅欠乏症 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

亜鉛の過剰摂取による副作用:胃腸系の問題や銅欠乏症

カテゴリー:

副作用

亜鉛は、傷治療、神経系の機能、細胞成長、免疫系の健康の為に必要なミネラルです。亜鉛の過剰摂取は、食品を通してではなく、特定の状況下で亜鉛を大量に摂取することでおこると言われています。今日は、亜鉛過剰摂取により引き起こされる副作用である胃腸系の問題と銅欠乏症についてお話します。

亜鉛の過剰摂取によりおこる副作用

 

胃腸系の問題

 

胃腸管は、摂取した亜鉛が体全体に運ばれる前に、直接的な影響を受けます。よって、亜鉛の過剰摂取後の、急性的な胃腸症状がいくつか報告されています。Brown 等の論文では、亜鉛メッキの容器に保管されていた食品や飲料の摂取による、高濃度の亜鉛摂取の事例が報告されています。この摂取は、亜鉛メッキコーティングから十分な亜鉛を除去できるやや酸性の性質を持つ食品や飲料が原因でおこりました。このような経路で起こった過剰摂取は、吐き気、嘔吐、上腹部痛、腹部けいれん、下痢などの症状を引き起こしました。

また、Sammanと Robertsが発表した論文では、150mgの亜鉛元素が含まれる硫酸亜鉛のタブレットを6週間摂取した参加者47人のうち、26人に腹部けいれん、嘔吐、吐き気の症状が確認されたことが報告されています。しかし、同等量の亜鉛サプリを使用した他の研究では、これらの副作用は確認されていません。

硫酸亜鉛だけでなく、酸化亜鉛、グルコン酸亜鉛の過剰摂取も、胃腸系に同様の影響を与えます。ある39歳の男性は、10%の酸化亜鉛ローション150gを摂取した6時間後に、吐き気、嘔吐、腹痛の症状を引き起こしました。更に、男性は胃十二指腸の腐食性障害を発症しました。症状は3日間継続し、入院5日目に、腐食性障害は傷跡が残ることなく、回復したということです。

 

過剰摂取

 

銅欠乏症

 

長期間に渡る亜鉛の過剰摂取は、銅欠乏症の発症に関係しています。この関係性は、腸細胞内でメタロチオネインによって媒介される亜鉛と銅の競合する吸収関係によるものと考えられます。メタロチオネインとは、全ての動物細胞に存在するタンパク質で、カドミウム、鉛、水銀など、体内に取り込まれた過剰な重金属を解毒する作用があります。そして、このメタロチオネインの発現には、通常高濃度の亜鉛が必要です。しかし、メタロチオネインは亜鉛より、銅に対してより高い親和性を持っており、この結果、銅イオンは、亜鉛の代わりにメタロチオネインと結合し、やがて体から排出されます。

銅欠乏症でよく見られる症状には、低銅血症、鉄移動の阻害、貧血、白血球減少症、好中球減少症、スーパーオキシドディスムターゼ(SOD)、セルロプラスミン及びシトクロムcオキシダーゼの減少や、血漿コレステロールとLH比(LDL÷HDL)の増加、心機能異常の上昇などが含まれます。

Prasad等の論文では、1日150mgの亜鉛の摂取後に、血漿中の銅の減少、セルロプラスミンの減少、白血球減少症、貧血を示した鎌状赤血球貧血患者のいくつかの事例が報告されています。他には、10年間、コインを摂取していた31才の統合失調症の男性の事例があります。この男性は、吐き気、嘔吐、腹痛の症状で病院に運び込まれ、重度の貧血、好中球減少症、亜鉛濃度の上昇と、銅及びセルロプラスミンの欠乏と診断されました。X線検査で男性の体内に大量のコインが見つかり、手術でコインを除去した後、重度の貧血と銅欠乏症は急速に改善されました。男性の銅欠乏症は、1982年代は亜鉛98%と銅2%で作られていたコイン(ペニー)の摂取によるものでした。

 

まとめ

 

今日は、亜鉛の過剰摂取により引き起こされる副作用についてお話しました。亜鉛を過剰に摂取すると、胃腸系の問題や銅欠乏症を引き起こす可能性がありますが、上記でお話したような事例は非常にまれであるということです。現在、世界人口の20%以上が亜鉛欠乏症であると推定され、特に発展途上国での亜鉛不足が深刻な状況です。更に、先進国でも、多くの高齢者の亜鉛の摂取量が不十分であることが報告されており、世界中で亜鉛不足への懸念が広がっています。次回は、子供、女性、高齢者に多く見られる亜鉛不足についてお話します。

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

※当サイト内の全てのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するように努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性・安全性・最新性等を保証するものではありません。また、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承くださいませ。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る